まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サクッと憲法判例④(朝日訴訟とパンツの買い替え時期)

こんばんは。

久しぶりに,サクッと憲法判例シリーズです(笑)

今回は,朝日訴訟です。

例によって,調べもせず,テキトーに書いてる部分もあるのでご注意下さい(笑)

その前に,恒例のタイムセールが始まっています。

裏技講座も,オール30%引きです。

他にもイロイロなキャンペーンが出てるようなので,ぜひどうぞ。
LECトップページリニューアルキャンペーン!eクーポンやポイントプレゼント!



あっ,割引と言えば,

キーワードを入れるだけで5000円割引の「レックマンを探せ」もあるので,

模試を申し込まれる前に,必ず割引しちゃいましょう。

司法書士受験生のブログが集まってます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

全然カンケーないですが,

なんか,有名なエロゲー屋さん?のゲーム購入者の氏名や住所,電話番号などがネット上に漏えいして大問題になってましたね。

本当に,かわいそうの一言です(笑)
アキバ人気ゲーム店「メッセサンオー」、ネット通販の購入者情報が漏えい

Googleの検索に,あるアドレスを入れるだけで,

続きに行く前に,応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ   にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

【『会社法・商登法光速マスター講座の講義レジュメ』のダウンロード方法】
図表で整理!会社・商登横断マスター講座』から,「商品の詳細のページに行くと,60ページほどのレジュメが無料でダウンロードできます




オンライン本校はこちら
司法書士サイトはこちら
LECトップページリニューアルキャンペーン!eクーポンやポイントプレゼント!

【LEC Myページ】登録で会員限定のお得な情報・クーポンGET!
スポンサーサイト
[ 2010/04/03 01:11 ] サクッと憲法判例 | TB(-) | CM(-)

サクッと憲法判例③(家永訴訟と文書は闇へ)

こんばんは。

さて,今日も憲法判例について,テキトーにうだうだ書いてみようと思います。

サクッと憲法判例①(衆議院議員定数配分規定とハトマンダー)
サクッと憲法判例②(三菱樹脂事件はオトコ前)

司法書士受験生のブログが集まってます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

今日の判例は,家永訴訟です。

第一次から第3次まであって,めっちゃ長い裁判です。

実に,32年も続く裁判は,ギネスブックに載ってるとか(笑)

さて,

教科書検定が「違憲」なのか?

とか,

検閲の定義や主体がどうのこうので説が対立してる,

とか,

検閲と事前抑制の禁止がどう違うのか,

などなど,

受験生として押さえておきたい論点はテンコ盛りですが,

この記事にそんな論点は関係ありません。

好きなことを書きます(笑)

そもそも,教科書検定でパスしなかった理由は,

太平洋戦争における日本軍の残虐性の記述にあります。

まぁ,相手国にとっては,

日本にとって都合の悪い記述には蓋をした感じで,

日本にとっては,それが真実で,証拠も何もないでっち上げだ

って主張が存在したりします。

日中間で,よく問題となる「南京大虐殺」でも,

続きに行く前に,応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ   にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

現在,春の一発合格祭り,早得キャンペーン中です。

  

オンライン本校はこちら
司法書士サイトはこちら

【LEC Myページ】登録で会員限定のお得な情報・クーポンGET!
[ 2010/03/28 00:10 ] サクッと憲法判例 | TB(-) | CM(-)

サクッと憲法判例②(三菱樹脂事件はオトコ前)

こんにちは。

さて,今日も憲法判例について,テキトーにうだうだ書いてみようと思います。
前回の記事はこちら→サクッと憲法判例①(衆議院議員定数配分規定とハトマンダー)

今日の判例は,三菱樹脂事件です。

憲法の私人間効力が注目された判例ですよね。

過去,司法書士試験においても,憲法の私人間効力がテーマになった問題が繰り返し出題されているので,

このあたりの判例は,ちゃんと確認しときたいところですが,

僕の記事はあまり役に立たないでしょう(笑)

司法書士受験生のブログが集まってます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村


さて,この裁判を簡単に説明すると,

東北大学を卒業した高野さんが,三菱樹脂の面接で,

「学生運動したことあるかい?」って聞かれたときに,

「(学生運動なんか)やってないッス!」ってウソをついたことから始まります。

あっ,この憲法判例シリーズの記事は,

何も下調べせずに,テキトーに書いてるので,

間違ってる部分があるかもしれません。悪気はありません(笑)

で,ハナシを戻すと,

高野さんのウソは,試用期間中にバレて,試用期間が終わるとともに,

高野さんはクビになりました(もともと,試用期間後にクビにできるように条件はついていたようです。)

で,

会社の言い分は,「ウソをついて就職なんて,詐欺やろ!」って感じで,

高野さんの言い分は,「思想良心の自由があるやんか!」ってケンカです。

で,ここで注意なのは,

憲法って,そもそも誰を拘束するものなのか?ってコトが問題になるわけで,

憲法って,国家から個人の人権をまもるために,

国家に対して,「思想良心の自由を侵害するな!」って,文句言うものなんですよね。

このあたりは,過去に記事を書いてるので,

こちらをお読み下さい。
こちら→憲法の私人間効力~憲法の推論対策の前提

それが,三菱樹脂という会社に文句が言えるのか?が論点となったわけですが,

ここでも,有名な「間接適用説」が登場します。

そして,ざっくり書くと,裁判所の意見としては,

「会社はね,どんな人を採用するかの自由があるんだよ。今回は仕方ないよね。諦めてね。」って感じで,13年間続いた裁判も,高野さんの負けで決着しました。

ただ,裁判所からの強い和解のススメがあったようで,

確か,和解金が2500万円くらい(2000万円だったかも。笑)

さらに,係長クラスの待遇で,

高野さんは,三菱樹脂に復帰することになります。

13年間いがみ合ってきたにもかかわらず,

高野さんの同僚と同じポジションを準備したようです。

なかなかオトコ前な会社です。

さらに,高野さん自身もこれに応えるカタチで

三菱樹脂の子会社であるヒシテックの社長までのぼりつめます。

こちらもオトコ前ですね。

仕事をしてると,職場や会社に対する不平不満なんか,テンコ盛りで出てきます。

そんなときは,ついついサボりがちになりますが,

やっぱ,そんな時でも,

自分に与えられた仕事は,シッカリこなさないとなぁ~なんて,

ちょっぴり反省した瞬間でした(笑)

では,

次回は,これまた有名な教科書検定が問題となった,家永訴訟のコトをあれこれ書いてみようと思います。

br_decobanner_20090911011857.gif

以上です

応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ   にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

現在,春の一発合格祭り,早得キャンペーン中です。

  

まだまだ,お得な情報があります





オンライン本校はこちら
司法書士サイトはこちら


【LEC Myページ】登録で会員限定のお得な情報・クーポンGET!


[ 2010/03/23 12:18 ] サクッと憲法判例 | TB(-) | CM(-)

サクッと憲法判例①(衆議院議員定数配分規定とハトマンダー)

こんばんは。

今回は,携帯から,軽い感じで記事を書いてみます。

いつもは,なるべく間違いを書かないように,いろいろ調べてから記事にするのですが,

ぷらぷら歩きながら,テキトーに記事を書いているので,軽く読んで下さい(笑)

基本的に,僕の記事は,長文で,ごちゃごちゃしてるので,

こんな感じの記事の方がウケるかもしれません(笑)

司法書士受験生のブログが40人ほど集まっています。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

あっ,「ウケる」と言っても,

「爆笑」って意味ではありません。

お笑い要素はゼロの記事です。

サクッと,有名な憲法判例について,役に立ちそうもないトリビアを書いてみようと思います(笑)

さて,第1回目は,最近何かと話題になっているので,

「衆議院議員定数配分規定」について書いてみましょう(笑)

最高裁のたった8個の法令違憲判決は有名ですよね。

その8個の内容については,過去の記事のどっかにあるので,見つけて下さい(笑)

で,その8個の中の2個が,この選挙絡みの判決です。

1976年に,1対4.99を違憲,

1985年に,1対4.40を違憲,

と,判断しています。

いずれも,事情判決の法理によって,選挙自体は有効で決着です。

上記判例は,衆議院のハナシですが,

参議院でも,

1996年に,1対6.59を違憲状態としています。

最近,高裁レベルで,「違憲」だの「合憲」だの,盛り上がってますが,

確か,2倍ちょいですよね。2.3倍だったかな?(笑)

昔,学校で習った記憶では,

衆議院は,3倍超えたらアウト,

参議院は,6倍超えたらダメ,

みたいな感覚があったのですが,

そんな感覚も古いのかもしれません。

言うまでもなく,選挙における一票の価値は平等であるべきなので,

できるだけ格差の開きはナイ方がいいわけですが,

なぜ,なくならないんでしょうかね?(笑)

よく聞く理由に,ゲリマンダーという言葉があります。

ウィキペディア(Wikipedia)で調べたら,こんな感じです。

「ゲリマンダー(Gerrymander)とは,選挙において特定の政党や候補者に有利なように,選挙区を区割りすることをいい,本来的には,その選挙区割りが地理的レイアウトとして異様な場合をさしていう。」


要は,ゲリーさんが選挙で勝つために,好きなように選挙区を割ったんですよね。

で,好き勝手やったもんだから,選挙区割りの形が怪物みたいになったわけで,

怪物の名前であるサラマンダーと,ゲリーさんの名前をくっつけて,

「ゲリマンダー」の完成です(笑)

過去,日本でも,

「ハトマンダー」や,「カクマンダー」という言葉がありました。

選挙に勝つために,恣意的な選挙区割りを生み出すのは,仕方ないことなのかもしれません。

時の政治家が,自分の都合に合わせて選挙区を振り分けている以上,

一票の格差の問題は,解決しないのかもしれません(笑)

確か,ハトマンダー法案は失敗に終わったと記憶してますが,

孫の世代に,政権が移って,新しいハトマンダーを孫が作り出すのでしょうか?

正確には,小沢さんのオザマンダーかもしれませんね(笑)

民主党が政権を維持するために,新ハトマンダーや,オザマンダーが登場する日も近いかもしれません。

一票の格差の問題の解決を,司法が立法に投げかけたところで,

解決する気はさらさらナイわけですから,困ったもんですね(笑)

てなわけで,

次回は,憲法の私人間効力が問題となった,三菱樹脂事件のコトをあれこれ書いてみようと思います。

この判例自体は試験に出ることはあるかもしれませんが,

試験に絶対出ない内容を書こうと思います(笑)

br_decobanner_20090911011857.gif

以上です

応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ   にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

現在,タイムセール,春の一発合格祭り,早得キャンペーン中です。

  

オンライン本校はこちら
司法書士サイトはこちら

【LEC Myページ】登録で会員限定のお得な情報・クーポンGET!


[ 2010/03/22 00:14 ] サクッと憲法判例 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。