まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コメントへのお返事です。

※コメントへの返事が長くなりそうだったので,こちらにお返事を書かせてもらっています。


>管理人のみ閲覧できます さん(K さん)

『働きながらの勉強法』については,あらためて口述試験後に,口述で凹んでなかったら,もう少し丁寧に書きます(笑)

まずは,就職が決まってよかったですね。

僕も昨年,3ヶ月ほど専業の時期がありますが,

この試験は,専業でやってしまうと,いろんな意味でプレッシャーがかかってしまうし,

いろんなものを背負い込むような気がするので,

お仕事を持たれながらの方がいいような気がします。

ただ,「ここぞ!」と勝負をかけるときは,

職場には申し訳ないですが,直前3ヶ月くらい,勝負をかけるのもいいかもしれません。

どちらにしても,今は,「あきらめました」で正解だと思います。

正直,答練の成績は,判定的には「A」が欲しいと思います。

ただ,地道に続けていれば,必ず,努力が報われる試験なので,

そのうち自然に「A」になりますよ。

勉強の中身ですが,

午後の方から先に書きます。

今まで通りでいいと思います。

年内過去問,年明け,答練も,問題ないと思います。

ただ,もし,今年の不登法を3~4問以上落として,

午後が30切ってるなら,もう一発直前に過去問をやり直さないと,知識が直前に抜けてモッタイナイ状態になってるのかもしれません。

午後については,落とした問題がいわゆる「過去問レベル」じゃなかったかを,確認して,

もし,過去問レベルで落としているなら,直前に過去問高速回転の時期を入れた方がいいと思います。

時間配分についても,問題ないと思います。

過去に本試験で,午後の択一を40分ほどで解いてしまったこともありますが,単なるマグレで,

基本的には,1時間15分と決めてました。

もちろん,全肢検討です(笑)

僕は,問題文をよく読み間違えたり,先入観が強すぎてカンチガイを起こすので,

できるだけ全肢検討してました。

僕のように,カンチガイをあまりすることはなく,

全肢検討しても,選択肢の組合せで解いても,

あまり点数に変化がないようなら,

速いほうがいいと思います。

なので,今回の本試験の点数を拝見する限りは,

午後の時間配分,選択肢の組合せからの解き方,

いずれも今の方法でいいと思います。

ちなみに僕の時間配分は,

午後択一 1時間15分+5分(マークする時間)

記述(不登) 答案構成20分+書く時間30分

記述(商登) 50分


こんな感じでした。

僕も,模試等では,不登法の記述の答案構成で,30分かかることもありました。

商登は,答案構成せずに,だいたい,議事録を読みながら,その場で読みながら,答案を埋めていってたので,

そこで時間調節してる感じですね(苦笑)

スピード面での工夫は,とにかく,民訴系と不登法の択一の過去問の知識を完璧にして,

瞬間的に答えられるように繰り返し,アウトプットすることだろうと思います。

午後科目の択一は,過去問であれ,答練であれ,

アウトプット中心でやっていれば,スピードは上がっていきますよ。

で,午前科目ですが,

午前に関しては,アウトプットをメインにしてると,

足元をすくわれるような気がします。

僕が,なかなか合格できなかったのも,

アウトプットメインだったため,午前で足切りになってたからです。

アウトプットメインの勉強や,図表を整理して覚えるとか,チェック形式の本で,ポイントを整理する勉強は,

午後科目だと知識を吐き出すだけなので,威力を発揮するのですが,

午前科目のように,推論などが入ってくると,

考える作業が必要になるので,知識を覚えるだけでは,

点数が取れなかったりします。

なので,午前科目については,土台となる基本テキストをしっかり読み込む方がいいと思います。

直チェは本当にいい本だと思いますが,

手抜きで楽に勉強した気分になれる本でもあると思っています。

ガッツリ,基本となる本,例えば,セミナーであれば,

「デュープロセス」や,「オートマ」,新しく出た「新・標準」あたりを,面倒くさがることなく,

丁寧に読み込むことだと思います。

そこで,しっかり土台ができて初めて,

直チェとか,択一カードに集約した知識が生きてきます。

最初から,直チェとか,択一カードに知識を集約して,覚える勉強は,

午後科目には有効ですが,午前科目に向いてないと思っています。

テキストの一元化ですが,

僕は時間がなかったので,

「自分が曖昧な部分,自分が間違えた問題のみ」を集めたファイルを作りました。

それが僕の一元化でした。

間違えた問題は,いつも持ち歩いていたので,

繰り返し,繰り返し,やりました。

>過去問や答練をひたすら解くより、一元化した直前チェックのようなものをメインにしたほうが、働きながら時間がない場合は、有効でしょうか?

これに関しては,

時間がないようであれば,

「過去問や答練で間違えた問題は,2度と間違えないように,自分で一元化して,常に手に持ち歩く!」

こんな感じになります。

また,1日あたりの勉強量(特に直前期)ですが,

択一に関しては,こんな感じだったので,

何問って感じではなく,今までに間違えたは,ほぼ毎日,見てました。

肢単位で見てるので,数は分からないですが,

電車の中,歩きながら,時には,肢を写メにとって,

携帯で見ていました(笑)

とにかく,カバンのいろんなポケットや,ズボンのポケット等,いたるところから,

間違った肢がコピーされた紙くずが出てくる感じ
です(笑)

働きながらの勉強で,1番悩ましいのは,時間の確保だと思います。

僕自身の工夫としては,専業の受験生が,答練や模試や問題集の復習や,やり直しにあてる時間を,

完全にカットしました。

答練や模試をやり直したり,繰り返すことは,時間的にムリと判断してやってません。

その代わり,間違った肢だけは,常に持ち歩いてました。

過去問は全体的に繰り返しが必要だと思いますが,答練や模試は,間違った肢だけ繰り返せばいいと思います。

それも,机に座ってやるのではなく,たかが答練,模試の問題です。

ちょっとした細切れ時間で十分です。そのくらい割り切ってました。

まずは,過去問をしっかりやって,基本のテキストをしっかり読めば,勝負できます!

1年で合格しちゃう人がいるわけですから,量的にはそれで十分なハズです。

ただし,精度が高い,正確な知識ですよね。

なので,量的には,仕事をしながらでも,絶対に大丈夫です。

逆に,専業受験生は,朝から晩まで同じコトをやってるわけない!

きっといろんな問題をやって,知識が増えて曖昧になってるはずだ!

そうであって欲しい!(笑)

と,このくらいの気持ちでいいと思いますよ。

>今まで、自分自身がアルバイトをしながら専業でやっても、受からなかったのに、働きながら受かるのか?という不安や、周りの、自分より恵まれた受験環境にある人をうらやましく思ってしまいそうな点です。

大丈夫ですよ。

合格するときは,どんな状況でも合格できます。

アルバイトをしながら専業でやっていた時期の成果は,働きながらでも生きてます。

「働きながら受かるのか?」ではなく,

アルバイトをしながら専業でやっていた時期があったからこそ,

「働きながらでも,受かれる!」

そんな感じで考えてみて下さい。

僕も同じように苦しんできました。

「今年」の僕の合格は,「昨年」の直前期の頑張りがあったからだと信じています。

この試験は,「恵まれた受験環境」で合格する時期が決まるというより,

「運」によるところが大きいです。

僕自身も,昨年,「恵まれた受験環境」を与えられていても,

会社法大崩壊の恐怖感は消えることなく,その予感は現実のものとなって大崩壊しました(苦笑)

勉強量がある一定レベルまで来たら,勉強時間は関係なくなってくると思うので,

「アルバイトをしながら専業でやっていた時期」が,来年の「運」を引き込んでくれる!

そう信じて頑張ってみて下さい。応援してますね。
スポンサーサイト
[ 2010/10/09 17:15 ] 雑談 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。