まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成23年度択一民法対策を考えてみる

おはようございます。

研修が続きます。とにかく,続きます。信じられないほど続きます(笑)

今日は研修の後,ブログ仲間の「ぷちオフ会」です。

楽しみです。

br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


さて,今回は,なにげに,平成22年度の反省会です(笑)

何度かブログでもグチってましたが,

本試験が終わった後,

平成22年度の問題を見ると,吐き気がして,問題を見直すことができない時期がありました(笑)

今は?

ふつーの過去問ですね(笑)

問題を解きながら,

「あれ?これは,22年の問題だっけ?21年かな?」

みたいな感じで,

すっかり既存の過去問の中に溶け込んでしまいました(笑)

まぁ,いつまでも,

問題を読むたびに,心臓がバクバクしてたら,

早死にしますよね(笑)

今日は,最近,今年の民法の問題を解いていて,

ふと思ったことと,

来年に向けて,僕自身が意識したい部分を書いてみます。

まず,ポイントを書き出すと,



続きに行く前に,応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ   にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ




オンライン本校はこちら
LECトップページリニューアルキャンペーン!eクーポンやポイントプレゼント!

【LEC Myページ】登録で会員限定のお得な情報・クーポンGET!




【平成22年度民法】

①ネタ切れ感が強い。

②単元がよく分からない,ごちゃごちゃ混ぜ問題が多い。

③広く浅く,基本的な知識を問うている。

④出題されそうな論点が素直に出ている。

⑤平成18年度の過去問と論点が似ている。


こんな感じです。

僕のブログは,ダラダラ文章が長くなることが多いので,

先に,平成23年度の民法の対策を書いておきます(笑)


【民法の対策】

①基本的な知識を固める(過去問とテキストは何でもOK)。

②未出の論点,判例で,「出る!」と言われているものだけを覚える(「新・標準」が安上がりでオススメですが,答練や模試で情報を集めるのもあり)。

③平成19年度と平成15年度,平成11年度の問題を大切にする。


こんな感じでしょうか。

えっ?

結局,テキストと過去問やって,未出の判例をやるだけなら,今まで同じだ!

って感じですか?

まぁ,まぁ(笑)

平成22年の民法をやってて,

1番感じたのは,

「めっちゃ,平成18年度の過去問の肢と被るやん!」です。

ざっくりと書き出すと,

第4問

第5問

第10問

第15問

第20問

第22問


このあたりは,平成22年度と平成18年度で,

同じ肢が繰り返し出ています。

プロ馬券師の僕的には,

「法則」とか,「サイン」というものに注目したくなります(笑)

これを,

「過去問の出題周期が4年になったサインでは?」

な~んて仮定すると,

さらに,その4年前の平成14年度からは,

第13問

第21問

さらに,その4年前の平成10年度からは,

第7問

第12問

てな感じで,

平成10年度以降を見るだけでも,

4年間隔の法則で,

民法の問題の半分を占めてしまいました(笑)

さて,こうなると,

来年,気になるのは,

平成19年度

平成15年度

平成11年度

でしょ?(笑)

オカルト的なサインが好きな方は,ぜひ,どうぞ(笑)

だだ,今年は,平成18年度からの出題が多かったことは事実です。

さらに,データを出すのはひかえますが,

直近5年以内の過去問からも,よく出ています。

本試験前には,年度別に,

直近5年くらいの過去問を解くことにも意味があるのかな?

な~んて思うのですが,どうでしょう(笑)

さて,さらに,感想を続けます。

最近の民法は,ネタ切れ感が強いと言われてます。

債権法の改正があれば,新鮮な問題も出てくるのかもしれませんが,

さっさと合格したいところですよね(笑)

ネタ切れになると,問題の傾向はどうなるんでしょう。

考えられるのは,

(a)答練のネタ切れのように,びっくりするような範囲から肢を出す。

第17問(肢ウの動産債権譲渡特例法)

(b)横断的に知識を確認するような問題で,新鮮に見せてみる。

第6問(意思表示を横断的に問う問題)

第7問(解除と登記は物権,解除の法的性質は債権のカテゴリー)

第11問(担保物権を横断的に聞く問題)

(c)推論問題や,学生と教授の対話にするなど,形式面を変えてみる。

第6問

第8問

第10問

第14問

第20問

(d)未出,最新の判例のうち,そろそろ出題されるのがバレバレで予想されている判例を,やっぱり出してみる。

第9問(肢エの最判平8.10.31は,バレバレ判例)

第23問(肢オの最判平17.9.8も,バレバレ判例)

(e)「もう仕方ない!過去問と同じ問題でいいや!」と諦める。

(f)でも,諦めが悪くなって,過去問を個数問題で抵抗してみる(笑)

第15問


こんな感じですね(笑)

さらに,ネタ切れ感が満載で,

第11問で,留置権や根抵当権等,聞いたのに,

また,

第12問で留置権,

第15問で根抵当権の問題を出題。

第7問で解除を出して,

また第18問で解除の問題(笑)

抵当権の処分の計算問題も,

本当に出したかった問題なのかなぁ?って感じです(笑)

まぁ,これだけネタ切れを感じさせてくれると,

来年の民法の対策は立てやすいと思います。

最初に書いたように,

過去問を中心に,横断的な理解をすすめて,

最新判例は,コテコテのベタな出題可能性が高いものだけを押さえて,

平成19年度あたりの過去問を中心に,直近5年くらいの過去問と,15年度,11年度あたりの過去問を完璧にする!

以上が,僕の来年の民法対策です(笑)

また本試験が近づいたら,

もう少し細かく,出題の予想の記事を書きたいと思います。

頑張りましょうね。

では。

司法書士関連のオークションはこちら→Yahoo!オークション 司法書士

「通信 Winter Fair 2010」対象講座(12月27日まで)
スポンサーサイト
[ 2010/12/23 09:35 ] 平成23年度合格ペースメーカー | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。