まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

知り合いの知り合いは…

こんばんは。
(※資格ブログランキングも、宜しくお願い致します。)

4時半ですね。いや、5時前ですね(笑)

寝るか、このまま寝ずに、事務所に出勤するか、

びみょ~な時間帯になっています(笑)

なので、ぷち更新でもしておきましょう。

予備校から、お仕事のメールが届いていたので、

ちょこちょこやって、ついさっき、担当の方にメールを送らせて頂きました。

でも同時に、他の担当の方から、

レジュメ作成の納期のお知らせメールなんかが届いていたりして、

なかなか充実した生活を送らせて頂いております(苦笑)


br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


ところで、先ほど、コメントのお返事をさせて頂きながら、

「知り合いの知り合い」って、結局他人だよなぁ~なんて、

ひとりで笑い転げてました。

夜中に、ぱちぱちパソコンと向き合いながら仕事をしていると、

どうでもいいことで、笑えてきたりします(笑)

他の予備校の書籍なのですが、執筆者が、

「知り合いの知り合い」なんですよねぇ~。

でも、全く知らない人(笑)

「知り合いの知り合い」は、「全くの他人」ということでしょう。

さて、この前の日曜日は、民法の講義が2コマあったわけですが、

かなり内容がハードでした。

話することが多すぎて、本当に、受講生の方は大変だったと思います。

民法の14回目にして初めて、

「もう少しで、しんどいところから抜けるので、頑張って下さい!」

なんて、ヘンに気を使ってしまいました(笑)

最初の頃は、もう少し、ゆったりと講義ができていて、

講義の中で、受講生の方をあてたりして、一緒に考えたりしていたのですが、

最近は、かなり時間がぎゅーぎゅーです(笑)

おそるべし、中上級講座って感じです。

普段から、過去に出た問題と、未出の問題のメリハリにこだわっている中上級講座ですが、

今回は、民法の改正の部分について、気をつけておくポイントを説明しました。

「児童虐待防止のための親権に係る制度」関係の話ですね。

民法第842条の「未成年後見人は、1人でなければならない」の規定が削除されたとか、うんぬん。

来年の本試験を受験される方は、今回の民法の一部改正の部分は、

比較的、時間に余裕がある、今のうちに確認しておいた方がいいですよ。

来年の本試験の試験範囲に入ってくる確率はかなり高いです。

そういえば、元司法学院の上田先生も、ブログの記事で昔、

「児童虐待防止のための親権に係る制度」について書かれていましたね。

あっ、なにげに、上田先生も、「知り合いの知り合い」だったりします(笑)

でも、先ほどの「知り合いの知り合い」よりも、距離感が近いような…。

きっと、近いうちにお会いして、食事でも行けそうな気分です(笑)

そう考えれば、「知り合いの知り合い」も、「全くの他人」ってわけじゃないのかもしれませんね(笑)

それでは、いよいよ理論編の民法も次回でラストです。

相続回復請求、遺留分減殺請求あたりがメインです。

頑張って行きましょう!

以上です。


スポンサーサイト
[ 2011/09/27 05:01 ] ブログ復活後の雑談 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。