まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記憶作業のカタチ

こんばんは。
(※資格ブログランキングも、宜しくお願い致します。)

今日は、択一式対策講座《理論編》の不動産登記の講義が2コマありました。

てか、ほぼ毎日、講義があるので、

特に「今日は講義がありました」なんて、言っても、あまり意味がないのですが、

今日は、大阪マラソンがあったようで、

講義している教室からも、大阪マラソンが見えてました(笑)


br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


さて、

今日の講義は、用益権と抵当権あたりがメインだったわけですが、

用益権の基本的な登記事項の覚え方の話もしました。

このあたりは、以前も記事の中で、覚え方のコツとして、書いたことがあります。

ちょうど、ブログの記事を、せっせと整理しているところなので、

過去に書いた記事の内容を編集しつつ、再掲しておこうと思います。

講義で、サラッとまとめた部分のネタ元は、この写メですね(笑)

受験生時代に実際に持ち歩いていたメモです。


用益権


もちろん、中上級の講義では、事業用借地権なども含め、

もっともっと本試験で問われそうな部分を掘り下げてやっているわけで、

このメモだけで足りるなんてことはないわけですが、

このあたりを覚えていることは、常識の範囲です。

正確に覚えておかないとダメですよね。

講義でも話しましたが、このメモは、僕の受験生時代の覚え方です(笑)

あっ、講義でお話したといえば、

登記記録例のことも、ちょっと触れました。

せっかくなので、ここにリンクを貼っておきます。

授業中、気になった方は、「へぇ~」って感じで見てもらうといいです。

でも、じっくり見るのは時間のムダです。

1~2分くらい見て、「こんなのがあったんだぁ」程度で、

すぐに忘れて下さい(笑)

1~2分も見れば、十分です(笑)

不動産登記記録例について(通達)(平成21年2月20日法務省民二第500号) 権利に関する登記
e-Profession様からのリンクです。)


さて、用益権の覚え方の話の戻りましょう。

用益権の登記事項の覚え方の前に、記憶するコツについて、一般的なコトを書いてみます。

以下は、過去の記事の再掲&一部、本日の講義の内容に合わせて再編集しています。

この試験は、本当に覚えることが多いです。

なので、少しでも、効率的に記憶作業をやりたいものです。

僕が気をつけていたことは、

まず、

(ア)覚える内容は、個数で覚える。

例えば、

「株式会社の定款の絶対的記載事項は、何だっけ?」と内容を覚えるのではなく、

「株式会社の定款の絶対的記載事項は、何個ある?」みたいな感じで、

個数から覚えることです。

次に、

(イ)覚えることを極力減らす。

基本的に、あれもこれもと、覚えることは無謀です(笑)

覚えるときは、少ないものを優先的に覚える方がいいです。

例えば、

「取締役会、監査役会、委員会、特別取締役会で、決議要件が加重できるか?」

なんてものがあれば、

監査役会だけが、決議要件を「加重することができない」と覚えておけばいいのであって、

取締役会や委員会や特別取締役会が、決議要件を「加重することができる」を覚える必要はありません。

数が少ない方を、まず、しっかり覚えておけば、

残りは、覚えなくても、逆の結論で考えれば十分です。

今日の講義でも、借地借家法関連で、「特約」が登記事項になる場合をやりました。

まずは、個数を覚えて、特約を登記する場面の方が少ないわけですから、

ここをしっかり覚えておいたらいいです。

特に、借地借家法22条、23条1項は、講義で説明した通り、

普通借地権と図を書いて重ねると、

「特約」を登記しないと紛らわしいなと思えるはずです。

借地借家法23条2項が、ハミッている感覚も必要です。

そういえば、講義の中で、「ハミッている」という言い回しをしたのですが、

「ハミる」の意味って伝わっているのか、何気に心配だったります(笑)

そして、最後に、

(ウ)覚えにくい部分を正確に覚える。

なんでもかんでも、「とにかく覚えたらいい!」って話はムダです。

曖昧になりがち、混乱しやすい部分、急所となるところを中心に覚えたいところです。

急所となる部分については、山本先生のオートマや、オートマプレミアムあたりに、

「ここが急所だ!」なんて書いてあるので、

そのあたりを参考にすればいいと思います。

今日の講義の中でも、「ここが急所です!」って話は何度か、お話しさせてもらいました。

で、「用益権の登記事項の覚え方」のメモですが、

どこにでもある、よくある図です。

◎が必ず登記する事項

×が登記できない事項

△が任意的な事項


です。

先ほど、上記(イ)で触れたように、

数が少ないものを覚えるべきです。

まず、×の部分を覚えて、

次に、◎の部分を覚えたら、

△の部分は、どうでもいいんですよ。

残りを一生懸命覚えるのは時間のムダです。

あとは、上記(ア)で書いたように、数を覚えます。

「×の数は3個ある」

このように、まず、個数を確認するのは、

結構、大切です。

では、実際に僕が覚えた方法を書きます。

まず、

「目的・範囲」のグループと、

「地代等・支払時期・存続期間」のグループに分けます。

「地代等・支払時期・存続期間」のグループが、

メモの右半分の、緑の枠内になります。

では、覚え方です(番号はメモの中にある番号です。実際に覚える順番として、番号までふってました。笑)。


右半分は、×が、3個ある。

それは全て地役権だ。


右半分は、◎も、3個ある。

賃借権と永小作権は対価を払うから地代等が、採石権は、存続期間が絶対的登記事項になる。

それ以外の右半分の残りは、全部△だ!


左半分にも、◎が、3個ある。

地役権が2個とも◎で、地上権は目的が必要だ。


地上権は区分地上権のときは「範囲」が、必要、

賃借権の部分で借地借家関係は、建物所有などの「目的」が、必要になるときがある。

それ以外の左半分の残りは、全部×だ!

これだけです。

結局、覚えたのは、

右半分に×を3個、◎を3個つけて、

左半分にも、◎を3個つけて、ただし、例外が2個ある!


これだけです(笑)

あとの覚えていない残り物は、

右なら△、左なら×でいいんですよ。

こんな部分を覚えようとしたら、

かえって、混乱します(笑)

ところで、ここまで来ると、

気になる部分があるかもしれません。

そう!

用益権の登記事項って、他にも、独特なものがありますよね。

例えば、賃借権の譲渡を許す旨や、永小作権の譲渡の禁止とか、地役権の要役地の表示とか。

ここはどうするのか?

結論的には、覚えません(笑)

最初に書いた、覚え方のコツの3つ目です。

間違いやすい部分、混乱しやすい部分だけ、

覚えてたらいいんですよ。

ハッキリ言って、

ふつーに受験生をやってたら、

賃借権の譲渡を許す旨なんて話は、

わざわざ覚えなくても覚えてます(笑)

永小作権もしかり。

譲渡禁止なんて、目立ち過ぎるので、

他と混乱して、迷うことなんて、まず、おきません(笑)

混乱するのは、メモにある、

目的や範囲、地代等や支払時期、存続期間の部分のハズです。

まさに、ここが、ごちゃごちゃになって、間違うんですよね。

要役地の登記するのは、地役権だけでしょ?

採石権の内容にしても、採石権だけに決まってるやん(笑)

他の何かと、混ざって混乱します?(笑)

目立つ部分は、そのうちイヤでも、自然に頭に入ります。

今日やった内容でも、借地借家法23条2項の存続期間なんて、目立ちますよね。

建物譲渡特約付借地権なんかも目立ちます。

目立てば、「特約」を書くか?なんて部分でも、記憶に残りやすいと思います。

覚える部分は、あえて覚えておかないと、混乱しやすい部分に絞ることが大切です。

まぁ、僕は、こんな感じで覚えてたので、

使えそうなら、使って下さい。

以上です。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
スポンサーサイト
[ 2011/10/31 02:23 ] ブログ復活後の雑談 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。