まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新企画】あなたの過去問、意味ありますか?(その1)

こんにちは。
(※資格ブログランキングも、宜しくお願い致します。)

久しぶりの新企画です(笑)

最近、肢別問題集と、通常のガッツリ型の過去問集について、

ご質問が、かぶったので、

最近感じる、「過去問をやる意味」について記事を書いてみたいと思います。

「最近」と書いたのは、「過去」に思っていたことよりも、

講師となってから、違った角度から過去問に向き合うようになって、

「過去問をやる意味」も、感じ方が変わってる部分もあります。

そのあたりも、記事にしてみようと思います。

ちなみに、受験時代に考えていた、「過去問をやる意味」については、

昔の記事を読んでみて下さい。

過去問を単純に解いて、満足している人がいらっしゃるなら、

合格率3%を切る試験です。

この試験は、そんな単純なもんでもないです(笑)

こちらの昔の記事を参考にしてもらえたら思います。


こちらをお読み下さい→過去問をまわす回数と,2つのまわし方,合格後に言ってみたかった言葉について(その1) 


こちらをお読み下さい→過去問をまわす回数と,2つのまわし方,合格後に言ってみたかった言葉について(その2) 


br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


まぁ、今回は、そこから、講師になった後、見えてきた、

過去問の本質に触れた記事だと思って下さい(笑)

もともと僕の記事は、受験生時代から、長文の記事になるので有名ですが(笑)

今回は、さらに長文化しそうなので、

何回かに分けて、連載化したいと思います。

ただ、中上級講座のネタバレ要素も含むかもしれないので、

大人の事情で、急に連載がストップするかもしれません(笑)

逆に言えば、これから書く内容は、中上級講座を受講されている方には当然のことであって、

ただ、漫然と、過去問を解いて、解説を読んで、一生懸命覚えているだけの受験生の方は、

参考にしてもらえたらと思います。

もちろん、中上級講座のネタとして、門外不出の部分もありますので(笑)

そのあたりは、中途半端な書き方をするかもしれませんが、

最近、「肢別過去問をやってます」みたいなコメントが続いたので、

「ホントに、肢別過去問で大丈夫なんですか?何のために過去問を解いてます?」という問題を、

投げかけてみたいと思います(笑)

おそらく、記事的には、5~6回くらいの連載記事になると思いますが、

大人の事情が許す限り、お付き合い下さい(笑)

今回は、新企画のご案内だけですが、

次の記事があがるまでに、2つのことを考えてもらえたらと思います。

まず、1つ目は、

本試験の肢単位での過去問からの出題率って、どのくらいか知ってますか?

およそ、肢単位で、5肢中3肢見抜ければ、その問題は正解に導けると言われます。

過去問から、肢単位で6割も出てますかね?

もし、そんなに出てないのなら、肢別過去問集をやって、

その後、本試験で初見になるであろう肢対策はどうします?

現場勝負?

国語力?

常識?(笑)

肢別問題集から、その先にある未来の肢が見えますか?

見えるなら、肢別問題集で、ガッツリ頑張って下さい(笑)

「おい、そんなこと言って、通常の過去問集から、未来の肢が見えるのかよ!」

な~んて言われるのですが、

「見えるんですよ(笑)」

そのあたりを記事にしていきます。

そして、もう1つ。

例えば、ある肢を解いて、その根拠が、ある判例からの出題だったとします。

同じ判例から、再度出題されたら、本当に解ける自信がありますか?

よく、こんなセリフを耳にします。

「過去問からの出題だけど、角度を変えられて問われたら間違えた…」

過去問の肢の中には、過去、何度も問われた同じ肢があります。

でも、びみょ~に言い回しが異なったり、

ヘタすると、全く違って見えたりもします(笑)

基本的に、「同じ肢でも、一字一句同じ問われ方はしない!」ということです。

ホントに、その肢別問題集の肢を、1つ解けば大丈夫ですか?

問われ方が変わっても対応できます?

そんなことを考えながら、記事を楽しんでもらえたらと思います(笑)

最終的には、通常の過去問を使いながら、

来年、出題されるであろう問題を、今からどのように準備していくのか?

って内容になってくると思います。

さらに、肢別問題集では、絶対に気づかない、

本試験で出たらコワい、「隠された真実」にも触れてみようと思います(笑)

ぼちぼち、記事を書いていきますので、

宜しくお願い致します(笑)

以上です。


スポンサーサイト
[ 2011/11/26 13:00 ] ブログ復活後の雑談 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。