まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうしても合格したい人へ(「解法」と合格率3%への「力技」)

こんにちは。
(※資格ブログランキングも、宜しくお願い致します。)

今日は、ちょっとマジメな記事です。

ご存知のように、司法書士試験は、合格率3%を切る試験です。

本試験の当日、歩いて本試験会場に向かうたくさんの受験生を眺めながら、

「今、自分が見える受験生のほとんどが落ちるんだよな。ヘタすると全滅だな。」とか、

教室で周りを見渡して、

「この教室で合格するのは、1人、2人?」

なんて考えていると、気分が悪くなるくらい、ゾッとしたことがあります。


br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


司法書士試験は難関試験と言われています。

確かに、細かい知識も問われますし、

その精度の高さも求められます。

でも、「誰でも受かる試験」だと思っています。

本気で思っています。

本気で思ってなかったら、何年も受験生は続けていません(笑)

イメージ的には、買い物をして、レジで並んでいるのと同じです。

やるべきことをやっていれば、自然と自分の順番が回ってきます。

ただ単に、「合格したい人はこの列に並んで下さい」って行列があって、

そこに、やるべきことをしっかりやりながら、並んでいただけです。

では、なぜ3%と低いのか?

誰でも合格する試験なら、もっと合格率が高くてもいいような気がします。

その理由は、簡単です。

めっちゃ、失礼なことを書きます。

やるべきことをしっかりしてない人が多いからです。

手を抜く人が多いからです。

楽して合格しようとしている人が多いからです。

このような手抜き受験生が多いため、不合格者が続出します。

今は、ブログのコメント欄を閉じていますが、

僕のところにも、「過去問は何年やればいい?」とか「肢別の過去問でいい?」とか「平成からの過去問だけで大丈夫か?」とか、

びっくりするような質問も頂きました。

手抜きでは合格しません。

あっ、誤解のないように書いておきますが、

どんなことにも、例外はつきものです(笑)

過去問をやってないのに合格した人を、僕は知っています。

テキストを読まずに、六法だけを読んで合格した人も知っています。

平成からの過去問だけで合格した人も、きっといるでしょう。

キツいことを書きます。

じゃあ、「あなたが、それを真似したら合格しますか?」というのは別問題です。

ここに気づかない受験生が多いと思います。

少しでも楽に合格しそうなら、

「要領よく」やっていると思い込んで手を抜く。

3%ですよ。そんなお手軽、お気楽な合格方法があるわけないですよ。

簡単に、楽に合格しちゃう合格者もいると思いますが、

少なくとも、その人の方法論を真似ても、「自分も同じように合格できるかは別問題」です。

「敵を知り、己を知れば」なんて言いますが、

敵は、合格率3%を切るバケモノです。

もう敵の正体は分かっています。

己もしっかり知りましょう。

ふと、高校時代の友人のコトバを思い出しました。

その友人は、僕にこう教えてくれました。

「東大に行くのは簡単だよ。教科書だけしっかり覚えたらいい。授業だけ集中しておけば、家に帰って勉強する必要はないよ。」

彼は、東大に行きました。彼がやったのは、授業をしっかり受けるということ。

そして、持っていた本は、学校の教科書だけです(笑)

じゃあ、僕も真似したら東大に行けたかと言えば、

そりゃあ~、ムリでしょ(笑)

彼は、高校1年のときから、高3生や浪人生が混じる東大模試で名前が載ってましたから(笑)

「一を聞いて十を知る」

僕は、このようなタイプではないので、

「一を聞いて十を知る」感覚は想像もできないですが、

彼はそのようなタイプなのでしょう。

あっ、彼は、こんなことも言っていたのを思い出しました。

「数学は、公式を覚えなくてもいいし、問題を解く必要もない。問題を解くよりも、なぜ、そのような公式が発見されたのか、それを覚えておけばいい。公式は覚えなくても、その場で同じように発見すればいい。」

「発見って!?」

だから、僕にはムリだって!(笑)

司法書士試験も、いろいろな「解法」があふれています。

「解法」って魅力のあるコトバです(笑)

なんか、簡単にスパッと解けるようになる気分にさせてくれます(笑)

僕が担当している記述対策にも「解法」があります。

その中身をネタバラシしましょうか?

記述対策を受講されている方は、もうご存知ですが、

その「解法」は、

「問題文を丁寧に、しっかり読む」という方法です。

えっ?意味ないじゃん!って思われた方は、

これが、王道なんですよ。

問題の導入部から答案作成上の注意、事案、別紙、聴取記録まで、

「問題文を丁寧に読む」

これが、1番の「解法」です。

もちろん、「問題文を丁寧に読む」の中身は、徹底して指導しています。

少し話がそれていますが、

僕も、受験生のときは、手を抜いていました。

合格した後の記事でも書きましたが、

僕の手の抜き方は、

「テキストを読み込むのがメンドクサイと思って、楽に問題を解いて勉強した気になる方法」でした。

自分的には、「3%の試験を圧倒的な演習量で力技でねじ伏せようとした!」って、

カッコいい理由付けをしていたのですが、

それは、単にサボるための言い訳でした。

このあたりからの、勉強の修正については、過去にあちこちで記事を書いています(例えば→こちら

楽な合格方法なんてないですよ。

あっても、真似できるかは別問題です。

逆に、しんどいかもしれないですが、

しっかりやっていれば、必ず合格できる試験です。

報われない努力なんて、サミシイじゃないですか。

楽をしなければ、必ず結果が出る試験なので、

最後まで、手を抜かずに頑張って下さいね。


とは、言っても、どんくさい僕には、

力技で、3%をねじ伏せるような「圧倒的な演習量」がないと不安になるようです(笑)

てなわけで、こんなものを手に入れちゃいました。

はい、どん!


2012-03-16 12.17.35


あっ、間違えました。

これは、あーちゃんに届いたカタログでした(笑)

どうもマジメな記事を書くと、オチが欲しくなります。

こちらでした。

はい、どん!


2012-03-16 12.21.03



セミナーの答練は、「ポイント整理」がついているので、

知識の整理がしやすいです。

個人的には、ホップ、ステップは、めちゃくちゃ好きです(笑)

受講されている方は、頑張って下さい。

以上です。

↓資料請求はこちらから↓

スポンサーサイト
[ 2012/03/16 14:19 ] ブログ復活後の雑談 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。