まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

合格を引き寄せる習慣 その5 答練・模試の復習と勝ち癖

こんばんは。
(※資格ブログランキングも、宜しくお願い致します。)

ひさびさです(笑)

最近は、みなさんには失礼ですが、

早く本試験が来ないかなぁ~と、

「早く、コイコイ!本試験」と鼻歌が出そうなくらい

本試験が待ち遠しいです(笑)

中上級の講義は、理論編・記述対策も終了し、

いよいよ実践編に突入しました。

今まで講義で説明したことが、本試験で出題されることを思うと、

本当にワクワクします。

それだけ自信をもって、しっかり予習、本試験の分析をして講義に臨んでいるわけですが、

それよりなにより、

昨年の8月から、僕を信じて、しっかりと講義についてきてくれている受講生さんたちに、

本当に合格してほしい!という期待も込めて、

「早く喜んだ顔が見たいよな」と思えば思うほど、

「早く、コイコイお正月(本試験)状態」です(笑)

中上級の皆さんは、理論編で、間違いなく合格に必要な知識と情報が頭に入っているはずなので、

ここからは、実践編で、その知識の整理と使い方、

そして、今年の本試験で出題される可能性が高い論点を吸収して下さいね。

さて、久しぶりに『合格を引き寄せる習慣』シリーズの第5回です。

合格を引き寄せる習慣 その1

合格を引き寄せる習慣 その2 予定の立て方

合格を引き寄せる習慣 その3 勉強の環境

合格を引き寄せる習慣 その4 最悪の環境を準備する


今回は、前回は模試について書いていたので、模試つながりで、その復習の仕方について考えてみましょう。


br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


模試の復習ですが、

1番大切なことは、時間をかけすぎないことです。

僕は、受験生時代、ほとんどの予備校の答練の問題や模試を解いていました。

セミナーはもちろん、LECさんや伊藤塾さん、

辰巳さんや東京法経さん、大原さん、予想問題集に至るまで、

割引や無料の特典などをフルに使い、

他の合格者や、受験仲間から、問題をもらったりしながら、

とにかく、問題を解きまくりました。

しかし、「この模試を受けたおかげで合格できた!」って感覚はありません。

きっと、他の合格者も同じだと思います。

もっと書けば、答練や模試の復習を頑張ったところで、

合格に近づくかは、本当に、よく考えた方がいいです。

あなたが今、時間をかけて復習している模試や答練の問題は、本試験で出そうですか?

意外と、模試や答練の問題って、本試験で出ません。

論点が当たることはあるでしょう。

でも、1つ、1つの設問を比べてみると、

模試や答練の肢と、本試験の肢は、同じ論点でも、びみょ~にズレています。

模試や答練なんて、本試験では同じ問題は出ないと思って割り切ることが大切です。

そう考えれば、模試や答練の復習に時間をかけるのはムダです。

皆さんがやるべきことは、テキストの読み込みと過去問です。

ここからは、間違いなく本試験で出題されます。

科目や年度によって異なりますが、

本試験では、過去問から6割くらい出ると言われます。

残りの4割の知識を得るために、答練や模試をむやみに復習するよりは、

6割をしっかり得点できるように、過去問を解きまくる方が効率がいいはずです。


もう一度、言います。

あなたが今、時間をかけて復習している肢は、本試験で出るか出ないか分からない、未出の4割の部分の知識を追い求めているわけです。

それよりは、しっかり過去問で6割確保した方がよくないですか?

模試や答練の復習で時間をかけるよりは、過去問をしっかり回して下さい。

そろそろ過去問の高速回転の時期になりますよ。

ただし、勘違いしてほしくないですが、

過去問とテキストだけをしっかりやっても、合格はできません。

それが、合格率3%の試験の意味するところです。

確かに、過去問とテキストだけで合格する人もいます。

それは、「天才」か「まぐれ」です。

「自分は天才じゃない!」と思われる方は、

「まぐれ合格」ではなく「確実に合格」するチカラをつけて下さい。

過去問+αの勉強は必要です。

つまり、他の大多数の受験生が知らないことを知っている、または知らなくても正解に辿りつける勉強が必要です。

中上級講座の実践編を受講されている方は、安心して下さい。

未出で出題可能性がある論点は、全て、講義の中で示します。

でも、ちゃんと過去問もやって下さい。

絶対に手を抜かないで下さい。

実践編のレジュメもしっかりやって下さい!

時間が足りないなら、模試や答練の復習で手を抜いて下さい。

そういえば、僕自身は、だいたい模試の復習で、1時間~2時間とっていました。

午前と午後の両方を合わせて、だいたい、そのくらいの時間です。

半日かけて復習や、1日かけて復習する人に出会ったりしますが、

ちょっと、ありえないです。

もちろん、間違えた問題やポイントを自分のテキストで探す作業、そしてその情報を一元化する作業は重要ですが、

一生懸命書き込むのも時間がもったいないと思っています。

コピーして貼り付けたらいいのでは?というのが僕の考え方です。

僕は、模試の復習では、時間をあまりとらない代わりに、

コピーは結構、活用しました。

コピー代は、かなりコンビニの売り上げに貢献しました(笑)

必要な情報はテキストに貼り込めばいいし、

間違って気になる問題があれば、コピーして、いつもポケットに入れて持ち歩きました。

僕のカバンのポケットや、ズボンのポケットには、

常にコピーした問題がいっぱい入ってました(笑)

間違えた問題なんて、ポケットに入れて持ち歩けば、

そのうち、嫌でも解けるようになりますよ。

机の上で、「うんうん」うなって覚え込むほど価値があるものでもないです。

解説もほとんど読みませんでした。

その問題が解ける知識は、解説で確認するのではなく、

自分が使っているテキストで確認すべきです。

載っていない知識なら、コピーして貼り込むか、そんな瑣末な論点の問題は捨てるかです(笑)

以上、模試の復習について、思うことを書いてみました。

そして、ここからは、勝ち癖をつけることも重要です。

小さな成功を積み重ねて、大きな成功を勝ち取るイメージを持って下さい。

模試や答練で結果出て、スゴイとは思いませんが、

一つ、一つ、結果を出して、勝ち癖をつけてしまうと、

勝負運の流れが出てきます。

勝ち癖をつけて下さい。

あっ、そうそう、

模試について、本試験の会場で受験したりすることがあると思いますが、

個人的な意見を書くと、

それで模試の会場が近くなるなら利用すればいいし、

遠くになるのなら、早く模試を受けて、さっさと復習した方がいいので、

本試験会場で受けるメリットなんて、「ナイ」と思っています。

本試験会場で受けたら、「慣れる」なんて聞きますが、

何に慣れるのか、よく分かりません(笑)

校舎も教室も同じならいいですが、校舎が異なればトイレの場所も違うし、天気や気温、自分の体調も異なります(笑)

受験する人間が異なれば、同じ教室でも雰囲気も違いますし、緊張感も異なります。

本試験と同じ環境を模試に求めるのは無理だと思います。

えっ?本試験までの道に慣れる!?交通手段や、その混み具合が確認できる!?

それで?

本試験では予想もしないことが起こります。それが本試験のコワいところです。

本試験と同じ会場で受けるメリットは、あまり感じられないのは僕だけでしょうか(笑)

それより、超直前期で時間が限られているわけですから、

自宅から近い方がいいような気がします(笑)

たぶんですが、

「本試験と同じ会場で模試を受験したから、合格できた!」なんて受験生はいないと思います。

時間は有効に使って下さいね。

以上です。


↓資料請求はこちらから↓

スポンサーサイト
[ 2012/04/11 02:14 ] 合格を引き寄せる習慣 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。