まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出しゃばりな過去問

こんにちは。
(※資格ブログランキングも、宜しくお願い致します。)

明日は、なんば校で、これから勉強を始めようかと悩んでいる方向けに

基礎講座向けのガイダンスをやらせて頂きます。

司法書士試験になんとなく興味が、フツフツと湧き出てきている方は、

ぜひ、ご参加下さい。時間は、11:00~12:00です。

宜しくお願い致します。

そういえば、


br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


現在、基礎講座を受講中の皆さんは、

いよいよ組織再編に入りましたね。

かなりボリュームがあると思いますが、

講義の中で書いた「まとめの図」、「流れの図」を意識しながら、

頑張って、手続きを整理して下さいね。

結構、組織再編って単純なことに気づくはずです。

募集株式の発行のときに、同じ図を何度も書いたのと同じように、

組織再編も、同じ図を板書しまくると思いますが、

ガマンしてお付き合い下さい(笑)

さて、

今日は、決済&申請する法務局が遠方だったので、

移動中、ガッツリ日曜日の中上級講座の予習をしていました。

民法の第2回、第3回も、出題されそうな部分がテンコ盛りです。

しっかりと講義について来て下さいね。

繰り返し出る判例、

続きとなる判例、

切り貼りされる判例、

推論となる判例、

推論と知識で問われる判例
などなど、

いろんな分析をしながら、来年の本試験の出題予想をしていきます。

もちろん、

条文も、文言通りに出題されるのか、それとも置き換えて出題されるのか、などなど、

説明する内容は多いです。

次回の範囲も、条文のどこまでが過去問で問われているのか?

一緒に、ちょっと確認してもらおうと思っています。

そういえば、今年の本試験で、このような肢が出ました。


Yは,Xとの間で,X所有の甲カメラが壊れたら,Y所有の乙カメラをXに贈与する旨を約した。その後,Xは,Xの妻であるAに甲カメラを壊すように依頼し,Aが故意に甲カメラを壊した。Xは,甲カメラが壊れたとして,Yに対し,乙カメラの引渡しを請求した。


条件又は期限に関する、第5問目の肢イです。

条件又は期限に関する問題は、出題が予想されていたので、

昨年の中上級でも扱った部分です。

ちゃんと出題される可能性がある理由も説明しました。

130条の裏返しになる平成6年の判例が関連するのですが、

この部分は、民法の改正対象に入っています。

検討事項はこんな感じです。

条件の成否が未確定の間における法律関係

条件の成就によって不利益を受ける当事者が故意に条件の成就を妨げた場合の規定(民法第130条)について,判例は,条件の成就によって利益を受ける側の当事者が故意に条件を成就させた場合にも類推適用して,条件が成就しなかったものとみなすことができるとしていることから,この判例の考え方を明文化する方向で,具体的な要件について更に検討してはどうか。その際,「故意に条件を成就させた」というだけでは,何ら非難すべきでない場合が含まれてしまうため,適切な要件の設定について,更に検討してはどうか。
【部会資料13-2第4,3[120頁]】


(議事の概況等)
第12回会議においては,本論点については特段の異論はなかった。もっとも,判例の考え方を明文化する場合であっても,「故意に条件を成就させた」というだけでは何ら非難すべきでない場合が含まれてしまうため,適切な要件の設定について更に検討する必要がある。



つまり平成6年の判例を明文化する議論があったわけです。

昨年の講義では、ちゃんとそれも伝えました。

このように改正が検討されている部分からの出題は山のようにあります。

講義の中では、改正が予定され、来年、本試験で狙われそうな部分についても、

必要に応じて取り上げて行こうと思っています。

ただ、面白いのが、この「条件・期限」の問題って、

来年に出てもよかったんじゃないかなぁ~って思ったりもします。

なんで?って?(笑)

「条件・期限」の問題って、

過去問としては、平成21年に問われ、その前は平成17年です。

つまり、「オリンピックイヤー論点」ならぬ、

「オリンピックイヤーの翌年論点」です(笑)

サイクル的には、平成25年の出題が望ましかったですよね。

ちょっと1年早く「出しゃばった」って感じでしょうか(笑)

くだらないコトを書いていますが、

みなさんが来年合格できるように、

しっかりと出題論点を見極めたいと思います。

以上です。

↓資料請求はこちらから↓

スポンサーサイト
[ 2012/08/24 17:13 ] ブログ復活後の雑談 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。