まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それは、ちゃうやろ!

こんばんは。
(※資格ブログランキングも、宜しくお願い致します。)

明日から中上級講座が開講します。時間は、18:30から。なんば校です。

来年の合格に向けて、ガッツリ付き合いますので、

僕を都合のいいように、トコトン使い倒してください。

明日は民法の第1回目なので、無料体験になっていると思います。

ホント、合格に必要なものがすべてそろっている最強の講座だと思っています。

テキストも、「この中から出題されます!」と、自信を持ってお勧めできる素晴らしいテキストなので、

ぜひ、無料体験に足を運んで頂いて、その内容を確認してもらえたらと思います。

br_decobanner_20090911011857.gif  にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

と、無料体験の案内を、前日の夜中に書いている時点で、

告知が遅すぎますよね(笑)

誰がこんな夜中に、無料体験の案内を見るねん!って感じですね。

まぁ、このブログの記事を見てしまった方は、何かの縁でしょう。ぜひ、なんば校へお越しください。

あっ、そうそう。

今日は、受講生の方がお盆のお土産を持って来てくれました。

他の受講生さんが質問に来られていたので、あまり長話はできませんでしたが、

お土産ありがとうございました。

来年は、お土産のレベルが上がるように、全力でサポートします(笑)

その短い話の中で、「方向転換」という言葉が出てきて、

どこに向かって方向を変えるつもりなんだ?って感じで、

ちょっと笑ってしまいました。

彼女的には、「合格に向けて、軌道修正」ってくらいの意味だったようです。

ここまでは笑えるのですが、

「方向転換」と言えば、ちょっと笑えない「方向転換」があったので書いておきます。

特に今年の本試験を受けてダメだった受講生さんは、よく聞いて下さい。

本気で来年リベンジをしてほしいので、

言葉はストレートに書きます。なので、ちょっとキツイ言い方だったらゴメンナサイ。

本試験の後、会社法の過去問について、「平成18年度より前の過去問をやった方がいいのか?」と、

何人かの受講生さんから質問を受けました。

まぁ、旧商法下の過去問までやるのか、新会社法になってからの過去問だけでいいとするかは、

講師の方によって異なると思うので、自分が信じている講師の指示に従えばいいと思います。

で、僕はというと、

「旧商法下の過去問は、傾向が異なるのでやらなくていい!」と言ってたと思います。

ところが、本試験の後、「旧商法下の過去問もやった方がいいのでは?」という質問を受けちゃったんですよね。

う~ん、来年に向けて、方向転換ですかね?

僕にとっては、この方向転換は笑えません。

おそらく、今年の試験で、共同相続人が株式を相続して共有する問題が出題されていたのが影響しているのだと思います。

同じ論点が、過去問H8-29で出題されているんですよね。

だから、平成18年よりも前の過去問もやっておいた方がいいのでは?と思ったのでしょう。

でもね、ちゃんと問題見比べて、相談してますか?

平成8年の問題は、全部の肢が条文レベルの問題で、

今年の問題は、全部の肢が判例の問題です。

何が言いたいかというと、論点が同じでも、同じことを聞いている肢は一つもないんですよね。

つまり、例え、過去問をやっていたとしても、判例で固められている今回の問題は対応できていないわけです。

あれだけの膨大な量の旧商法下の過去問をやって、同じ論点が出ても、出題の傾向が違うのであれば、

時間がもったいないと思います。

同じく、譲渡制限株式を会社が買い取る問題も今年出題されていましたが、

こちらも、平成3年あたりに出されていますが、出題がかぶる肢はないと思います。

これでも、来年に向けて、旧商法下の過去問をやる方向に方向転換しますか?

まぁ、時間があるのであればやればいいと思います。

でも、来年へのリベンジの方法として、「それは、ちゃうやろ!」って思います。

今年、ダメだったのは、旧商法下の問題が解けなかったからではなくて、

解けないといけない民法や不動産登記の問題を落としているから、結果が出ていないわけです。

今の時点で、絶対に落としてはいけない問題を、曖昧な知識で落としているのであれば、

来年に向けて、旧商法下の問題をプラスして手を広げることは、さらに、今の知識を曖昧にするだけです。

しかも、旧商法下から出た論点は、今の傾向と異なって、かぶってないから点数に結びつかないし、

ふんだり、蹴ったりの結果がでるような気がします。

まぁ、最近の会社法は旧商法下の判例の出題が多いので、

判例の対策をもう少し手を広げたいのですが…という相談なら分かるのですが、

単純に、論点がかぶってるからという理由だけで手を広げるのは間違っていると思います。

来年の合格に向けて、修正すべき点は、自分が落としてはいけない問題を落としてしまったことに、

全力で反省と修正をかけるべきです。

勉強の範囲を広げる修正は、とれる問題は確実にとったのに、

それでも力が及ばなかったときの修正の仕方です。

これは、新しい問題集やテキストを買い込んでしまう人も、同じように反省して下さい。

中上級のテキストは、午前も午後も、的中率が90%を超えています。

全部、テキストに載っているわけですよね?

他のテキストが必要ですか?

新しいテキストが出たからといって、買うことが合格に必要なことではないと思います。

合格に必要なことは、今のテキストをしっかり覚えることです。

自分が何ができていなくて、合格するために何が必要なのか、よ~く考えて下さい。

ちょっと厳しいことを書いてしまいましたが、

僕を信じて集まってくれた受講生さんは、全員合格して欲しい!と心の底から思っています。

なので、ヘンテコな方向転換をして、合格から遠ざからないようにしてほしいので、

ちょっとキツメの言葉になっちゃいました。ゴメンナサイ。

いつでも勉強の修正が必要な方は、なんば校に来て下さい。

僕の講義を受講しているとか、していないとか、

そんなことは、ど~でもいいです。

司法書士試験に合格したいと思っているのであれば、

誰でも相談はのりますよ。遠慮なく、お越しください。

では、明日からの中上級講座も頑張りましょう!

宜しくお願い致します!

以上です。

Wセミナー<司法書士>学習者向けコース開講
Wセミナー<司法書士>初学者向けコース開講
Wセミナー<司法書士>各種コース開講

↓資料請求はこちらから↓

スポンサーサイト
[ 2014/08/27 00:48 ] ブログ復活後の雑談 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。