まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民法の問題シリーズVER24~肢2「公平と不公平」(追記終了☆)

こんにちは☆
山本先生のブログに新しい問題が出ました☆今回は、不法行為です。判例が中心の肢ですね☆僕の宅建民法第5回も不法行為ですが…こちらは、条文の知識だけです(笑)では…今回は、肢の2番に注目です☆あっ…正解の肢は、5番だと思いますf^_^;

まず、肢の2番をパクります(笑)

[肢の2番]
AがCに対して損害賠償を請求した場合、この事故について、Bを監督すべき立場にあった保育士にも過失があったときは、保育士の過失を斟酌して損害賠償額を減額することができる。

×…最判昭42.6.27
判例は…「生活関係上一体をなすと認められる関係」を要件とします。理由は…「公平」です。
でも…不公平と批判がある部分もあります(笑)

げっ…( ̄▽ ̄;)
お昼休みなのに…お客さんが来ました(ノ゚O゚)ノ
何が「公平」で…「不公平」な部分の話の続きは後ほど…m(__)m

さて…お客さんがお帰りになりましたので…続きです\(^^:;)

まず、民法722条2項の確認です☆

(損害賠償の方法及び過失相殺)
第722条
2項 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

この趣旨は、「発生した損害を加害者と被害者の間で公平に分担するという…「公平」です☆

つまり…例えば…僕が車を運転していたとしましょう(^O)=3
すると…ちっちゃい子が突然、道路にとび出してきました。う~ん…この例えはよくないな…(´~`;)なんか…僕が悪者だなぁ…まぁ~いっか…続けます…

僕はブレーキをかけたのに…ドーンと…やっちゃいました(:_;)

僕は加害者です。ふと…周りを見ると…その子の母親が側にいるじゃないですか!(-_-#)

僕は…その子の母親に言ってやります。

「ちゃんと子供を見とけよ…(ノ><)ノ」

僕も悪いけど…お母さんも悪くない?僕だけが一方的に悪いなんてイヤだ…もっと「公平」にいこうよ。

そこで判例は…722条の「被害者に過失があったとき」の被害者に、被害者と一体をなすと認められる母親の過失を斟酌することによって、僕の負担を軽くしてくれます。
まぁ…子供の母親も、「それなら仕方ないか…私も不注意だったし…」と思ってくれるかもしれません(笑)

でも…子供の横にいたのが母親ではなく、保育士だったら…結論が変わります(ノ゚O゚)ノ

だって…保育士さんの過失を考慮して僕の負担を軽くすることは、被害者の母親にとって逆に負担を強いることになるからです☆

「いやぁ~保育士さんに過失があったから、その分、損害賠償から引いときますね、お母さん」…なんて僕が言うと…きっと、母親はキレますね(笑)
だから…判例は、被害者と身分上・生活上一体をなすと認めれるような関係がある者の過失に絞りをかけ、保育士さんの過失は考慮してません。これが「公平」です。

でも…僕にとっては、横に立ってた人によって結論が変わることは「不公平」な結論と言えるかもしれませんね☆

以上です☆
スポンサーサイト
[ 2007/10/28 16:28 ] 山本先生のブログの問題 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。