まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「無効の訴え」と「無効確認の訴え」と…「株主総会等の決議の取消し」☆

おはようございます。

ちりがみさんから…こんなコメントをいただきました…。
「無効の訴え」と、「無効確認の訴え」を区別しているのはどうしてか?

もちろん…僕の実力では…回答は出てきません…(泣)

ただ…比較くらいなら、できそうなので…まとめてみようと思います☆

☆続きに行く前に応援クリックよろしくo(^-^o)ご協力をお願いしますm(__)m
↓  ↓
人気ブログランキング



比較の視点ですが…

①原告が制限されているか?
②提訴期間に制限があるか?
③訴えをもってのみ主張可能か?裁判外でも可能か?
④遡及効はあるか?


…こんな感じで分けてみようと思います。



●無効の訴え

834条1号から12号に並ぶ訴えですね。

原告の限定あり
提訴期間の限定あり
訴えをもってのみ主張できる
将来に向かって効力を失う(839)

(無効又は取消しの判決の効力)
第八百三十九条  会社の組織に関する訴え(第八百三十四条第一号から第十二号まで、第十八号及び第十九号に掲げる訴えに限る。)に係る請求を認容する判決が確定したときは、当該判決において無効とされ、又は取り消された行為(当該行為によって会社が設立された場合にあっては当該設立を含み、当該行為に際して株式又は新株予約権が交付された場合にあっては当該株式又は新株予約権を含む。)は、将来に向かってその効力を失う



●無効確認の訴え

株主総会等の決議だけが対象


原告の限定なし
提訴期間の限定なし
裁判でも可能(東京地判昭30.11.11)
当初から決議無効なので遡及効は問題にならない


無効確認の訴えは、決議の内容が法令に違反する重大な瑕疵があります。よって…ある程度期間が経っても判断が容易であるので、特に提訴期間はありません。



ついでに…「株主総会等の決議の取消し」も確認します。


●株主総会等の決議の取消し


(株主総会等の決議の取消しの訴え)
第八百三十一条  次の各号に掲げる場合には、株主等(当該各号の株主総会等が創立総会又は種類創立総会である場合にあっては、株主等、設立時株主、設立時取締役又は設立時監査役)は、株主総会等の決議の日から三箇月以内に、訴えをもって当該決議の取消しを請求することができる。当該決議の取消しにより取締役、監査役又は清算人(当該決議が株主総会又は種類株主総会の決議である場合にあっては第三百四十六条第一項(第四百七十九条第四項において準用する場合を含む。)の規定により取締役、監査役又は清算人としての権利義務を有する者を含み、当該決議が創立総会又は種類創立総会の決議である場合にあっては設立時取締役又は設立時監査役を含む。)となる者も、同様とする。
一  株主総会等の招集の手続又は決議の方法が法令若しくは定款に違反し、又は著しく不公正なとき。
二  株主総会等の決議の内容が定款に違反するとき。
三  株主総会等の決議について特別の利害関係を有する者が議決権を行使したことによって、著しく不当な決議がされたとき。
2  前項の訴えの提起があった場合において、株主総会等の招集の手続又は決議の方法が法令又は定款に違反するときであっても、裁判所は、その違反する事実が重大でなく、かつ、決議に影響を及ぼさないものであると認めるときは、同項の規定による請求を棄却することができる。


原告は制限あり
提訴期間は、決議の日から3ヵ月以内
訴えをもって主張し、判決が確定すると決議無効となる(831条)
遡及効あり


以上が異なってくる視点ですね。
逆に…共通点もあります…。

★原告の勝訴には、対世的効力があります。
★原告の敗訴は、当事者間のみで、第三者には及びません。


(認容判決の効力が及ぶ者の範囲)
第八百三十八条  会社の組織に関する訴えに係る請求を認容する確定判決は、第三者に対してもその効力を有する

以上です☆
スポンサーサイト
[ 2008/02/13 04:13 ] ポイント整理 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。