まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TUNE-UP講座 第5回(5-D)

TUNE-UP講座 第5回(5-D)の復習 ※ネタバレ注意!

→重要論点レジュメはこちら
→ピンクレインボーの真実(全22回)はこちら

ようやく民法の問題が全部解けました。

結局…民法全10回の正答率は…87.1%でした。

次は民訴に入るので…なんとか…70%台を目指したいと思います(苦笑)

では…復習は…まだ…第5回ですね。サクッと行きましょう!

☆続きに行く前に応援クリックよろしくo(^-^o)ご協力をお願いしますm(__)m
↓  ↓
人気ブログランキング



●範囲
動産質権・不動産質権

●感想
今回の範囲は…質権です。ピンクレインボーにはありませんね。

実は…特に復習する部分もありません(笑)

出題されてる肢も…特に未出の肢があるわけでなく…重要判例があるわけでもなく…過去問の肢が続きます…

平成17-13
平成5-14
平成11-14
平成8-12
平成15-14

…このあたりですね。

今回は…特に書く記事がないので…ダラダラと感想を書きます(笑)


第1問の「指図による占有移転の方法による複数の質権の設定の可否(H19-12-1)」では…自分に優先する質権者の存在につき善意無過失の場合に…優先する質権者の質権がどうなるのか?説明がありました。
優先する質権者は質権を失うんですね。
初めて考えるポイントでした。


第11問の「債務者・設定者に対する質権に基づく返還請求(H5-14-オ)」では…質権者の占有喪失の原因と現在の占有者に場合分けして…動産質権の質権の返還請求の可否を検討した表があります。
占有喪失の原因が「詐取・遺失」で、現在の占有者が「第三者」の場合…返還請求不可になっています。
立法上批判がある部分ですか…。
所有者の物権的返還請求権の代位行使しかないんですね…。


第12問は…「不動産質権の設定(H5-14-オ)」の肢です。
不動産質権のスタートは…要物契約なのに…いったん発生すると…質物を設定者に返還しても…登記があれば質権は消滅しないし…対抗力も喪失しないんですね。
第20問「質物を設定者に返還した場合の効果(H15-14-エ)」の肢と並べて考えると…確かにバランスが悪いですね。


第15問の「不動産質権の対抗要件H8-12-イ)」では…問題文の「質権を設定」の箇所に絡んで…「地役権を設定」に置き換えて…第3回-Cの第15問の未出の判例(最判平10.2.13)の再確認ができました。


う~ん…今回の復習は…こんな感じです…。
なんだか…まとまりがなくなりました(笑)

次回から抵当権に突入です。
しっかり復習しようと思います。


●復習が必要な肢
 ・なし

●TU講座にあって…ピンクレインボーにない問題
 ・全部


●ピンクレインボーにあって…TU講座にない問題
 ・なし
 

以上です☆
スポンサーサイト
[ 2008/03/23 00:07 ] TUNE-UP講座 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。