まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TUNE-UP講座 第6回(6-C)

TUNE-UP講座 第6回(6-C)の復習 ※ネタバレ注意!

→重要論点レジュメはこちら
→ピンクレインボーの真実(全22回)はこちら

今回の範囲は…物上代位です。
基礎を受けただけでは対応できない自分にショックを受けた部分です…

昨年は…ね…(笑)

今年は…姫野先生のブログ受講生をやってきたので…ふつーに得意…(笑)

今回は…先生の記事もリンクさせようと思います。

かなり役に立つので…ぜひ…☆

☆続きに行く前に応援クリックよろしくo(^-^o)ご協力をお願いしますm(__)m
↓  ↓
人気ブログランキング



●範囲
物上代位・一括競売・抵当建物使用者の引渡しの猶予制度


●感想

今回は…先生の記事を紹介するので…僕はあまり口をはさまないようにしようかと…(笑)

まず…第1問、第2問で…「賃料債権に対する物上代位権の行使の可否(過去問平成18-16-ウ)」と「転貸賃料債権に対する物上代位権の行使の可否(最決平12.4.14)」から始まります。

ピンクレインボーでは…p132の分析1と分析2の内容になります。

転貸賃料債権に対する物上代位権の行使(最決平12.4.14)の例外場面の確認が必要ですね。

ピンクレインボーp133にあります。

個人的には…講義の中の説明が解りやすかったです。

レオパレスがいたら物上代位されない…でも…自分でレオパを挟みこむようなことをしたらダメ…」…とっても解りやすいです(笑)


第4問は「配当要求の方法による物上代位(最判平13.10.25)」でした。こちらは…ピンクレインボーp48の消滅時効の中断のところに出てますね。


第5問では…「債権譲渡と物上代位(最判平10.1.30)」の論点に絡んで…特定維持説優先権保全説の説明がありました。

ピンクレインボーでは…p135に出てきますが…ここは…先生のブログの記事の方がおもしろいです。

→過去問分析のかたち【第14回】-平成12年度一次試験第14問-


未出は…動産売買の先取特権の場合です(最判平17.2.22)…こちらもピンクレインボーp140にありますね。


第7問の「一般債権者による差押えと物上代位の優劣(最判平10.3.26)」は…ピンクレインボーp138の分析3にあります。
差押えと抵当権設定登記の先後が基準です。

さらに…転付命令を得た…最判平14.3.12は…分析4にあります。
こちらは未出です。
転付命令…けっこう強いです(笑)
第三者保護説に歯止めをかけた判例になります。


講義では詳しく触れてませんが…民事執行法159条5項あたりの確認も必要ですね。

(転付命令)
第百五十九条  執行裁判所は、差押債権者の申立てにより、支払に代えて券面額で差し押さえられた金銭債権を差押債権者に転付する命令(以下「転付命令」という。)を発することができる。
2  転付命令は、債務者及び第三債務者に送達しなければならない。
3  転付命令が第三債務者に送達される時までに、転付命令に係る金銭債権について、他の債権者が差押え、仮差押えの執行又は配当要求をしたときは、転付命令は、その効力を生じない。
4  第一項の申立てについての決定に対しては、執行抗告をすることができる。
5  転付命令は、確定しなければその効力を生じない。
6  転付命令が発せられた後に第三十九条第一項第七号又は第八号に掲げる文書を提出したことを理由として執行抗告がされたときは、抗告裁判所は、他の理由により転付命令を取り消す場合を除き、執行抗告についての裁判を留保しなければならない。


第9問の「相殺と物上代位(最判平13.3.13)」は…ピンクレインボーp133にあります。
わざと解除した事案であることを聞くと…判例の結論も納得(笑)


第10問の「敷金と物上代位(最判平14.3.28)」は…ピンクレインボーp134にあります。


さらに…まとめで…「相殺」と「差押え(債権譲渡)」と「差押え+転付命令」のトーナメントの板書がありました…が…

こちらも…先生のブログの記事がおもしろいです(笑)

→過去問分析のかたち【第5回】-平成12年度一次試験第5問-


あとは…「抵当建物使用者の引渡しの猶予制度(過去問19-16)」が続きます。
ここは…毎日仕事で重要事項説明で読み上げてる部分なので…個人的に間違えるとマズイです(笑)


●復習が必要な肢

(第3問)
買戻特約付売買の買主から目的不動産につき抵当権の設定を受けた者は、抵当権に基づく物上代位権の行使として、買戻権の行使により買主が取得した買戻代金債権を差し押さえることができる。


〇…最判平11.11.30


●TU講座にあって…ピンクレインボーにない問題
 ・最判平11.11.30


●ピンクレインボーにあって…TU講座にない問題
 ・なし

●重要論点レジュメにある判例
 ・「差押えと相殺の派生論点」に…最判昭50.12.8があります。


以上です☆
スポンサーサイト
[ 2008/03/26 00:11 ] TUNE-UP講座 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。