まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民法の問題VER2

またまた…こんばんは。

すでに…夜中の2時半前ですが…今夜は…記事を連発で打ち上げます

では…2発目です(笑)

山本先生のブログに問題が出ています。さっそく挑戦です。

「基本問題です。」とありますが…どうでしょう?(笑)

☆続きに行く前に応援クリックよろしくo(^-^o)ご協力をお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ   ブログ村ランキングへ   FC2ブログランキングへ




久しぶりにコピペです(笑)


(問題)法律行為に関する次の記述のうち,妥当なものはどれか。(国税専門官H10)

1 Aは自己所有の土地がB名義で登記されているのを知りながら放置していたところ、Bはその土地を事情を知らないCに売却し,Cへの移転登記がなされた。この場合に,登記には公信力がないから,B名義の登記を信頼したCが保護されることはない。

→×

94条2項類推適用のパターンです。
要件としては…①虚偽の外観②善意の第三者③本人の帰責性…が必要です。
判例としては…最判昭45.9.22あたりですね。


2 要素に錯誤のある意思表示は無効であるが,無効な行為はだれでもその効力を否定することができるから,表意者が無効を主張しなくても,第三者が無効を主張することは可能である。  

→×

錯誤無効の主張権者に関する判例は…

①最判昭40.6.4
②最判昭40.9.10
③最判昭45.3.26


このあたりです。

この肢自体は…①あたりの判例でしょうが…③の判例(不当利得返還請求権の代位行使のケース)も重要です。


3 意思表示をなすについての動機の錯誤は,表意者が意思表示の内容として動機を相手方に表示した場合でない限り,法律行為の要素の錯誤とはいえず,意思表示は無効にはならないとするのが判例である。

→○

最判昭29.11.26の判例です。過去問では…動機の錯誤は…平成13年第2問で…中途半端に出題済みですね。


4 AがBからB所有の建物を売却する代理権を与えられた場合に,Aは,自ら買主となることはできないが、Cの代理人となりBC間の売買契約を締結することは可能である。

→×

条文レベルの問題です。

(自己契約及び双方代理)
第百八条  同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。


5 子Aが,父Bの無権代理人としてBの財産を処分した後に,Bの死亡によってこれを単独で相続した。この場合に,Aは,Bの相続人として、無権代理行為の追認を拒絶することができるとするのが判例である。

→×

無権代理人の本人相続の論点です。

最判昭40.6.18の判例です。過去問としては…平成13-3-アで出題済みです。

以上です☆
スポンサーサイト
[ 2008/07/31 02:49 ] 山本先生のブログの問題 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。