まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民法の問題VER3

またまた…こんばんは。

本日…2発目の記事です☆

「もしも…TU講座のレジュメを本試験に持ち込めたら…」の記事の仕上げも含めたら…本日3発目ですが…(笑)

山本先生のブログに新しい問題が出ています。さっそく…挑戦です!

「平成20年度本試験反省会」の記事も…「もしも…TU講座のレジュメを本試験に持ち込めたら…」の記事も…やっと終了したので…これで思いっきり…安心して…記事の更新をサボれそうです(笑)

☆続きに行く前に応援クリックよろしくo(^-^o)ご協力をお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ   ブログ村ランキングへ   FC2ブログランキングへ



では…迷うことなく…コピペです(笑)

(問題)
 19歳のAは,父親から単独相続した山林を母親の同意なしにBに売却し,Bへの移転登記を済ませた。そして,BはCに当該山林を売却し,これも移転登記を済ませた。Aは売却代金をかけ事に使い失ってしまったが,その後,当該山林の価格が上昇していることもあり,AはBとの売買契約を取り消したいと考えている。

 以上の事例に関する次の記述のうち,妥当なものはどれか。(国1H10)

 1 Aが母親の同意書を偽造してBを欺いていた場合にも,Cが,AB間の売買契約においてAが未成年者で母親の同意も得ていないことを知っていたのであれば,Aの取消権は消滅しない。

→×

21条です。

(制限行為能力者の詐術)
第二十一条  制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。


判例としては…最判昭44.2.13あたりの黙秘の場合の判例の言い回しも要チェックです。

制限行為能力者の詐術としは…平成19-6-オで出題されています。


 2 Aが有効に取り消した場合には,Aの取消しによってCの登記は無効となり,当該山林の所有権はAに帰属するが,AはBに対して売却代金を返還しなければならないとするのが判例である。  
                 
→×

121条です。

問題文にある…「Aは売却代金をかけ事に使い失ってしまった」がポイントですね。

(取消しの効果)
第百二十一条  取り消された行為は、初めから無効であったものとみなす。ただし、制限行為能力者は、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う。


判例としては…最判昭50.6.27あたりですね。生活費で使った場合は…大判昭7.10.26あたりになります。

過去問としては…平成2-14-エで…大学の入学金の支払いにあててます。


 3 AB間の売買契約は取り消しうる行為であるが,Aが未成年者である問は,母親の同意がなければ取消権を行使することはできない。

→×

120条1項です。

(取消権者)
第百二十条  行為能力の制限によって取り消すことができる行為は、制限行為能力者又はその代理人、承継人若しくは同意をすることができる者に限り、取り消すことができる


過去問としては……平成2-14-アで出題済みです。


 4 AB間の売買契約は取り消しうる行為であるが、Aが売却代金を受取ったのが成年に達した後であるならば・売却代金の受領によりAの取消権は消滅する。

→○

125条です。

(法定追認)
第百二十五条  前条の規定によりに、取り消すことができる行為について次に掲げる事実があったときは、追認をしたものとみなす。ただし、異議をとどめたときは、この限りでない。
一  全部又は一部の履行
二  履行の請求
三  更改
四  担保の供与
五  取り消すことができる行為によって取得した権利の全部又は一部の譲渡
六  強制執行


判例としては…大判昭8.4.28あたり。過去問としては…平成12-1あたりに法定追認の問題が出ています。

 
この肢とは関係ありませんが…「追認をすることができる時以後」について…成年被後見人の場合は…了知したことが必要なのに注意です。

(追認の要件)
第百二十四条  追認は、取消しの原因となっていた状況が消滅した後にしなければ、その効力を生じない。
2  成年被後見人は、行為能力者となった後にその行為を了知したときは、その了知をした後でなければ、追認をすることができない。



 5 売買契約直後は,Aは当該売買契約を取り消すことができたが,取消権を行使しないままBC間の売買契約が成立し移転登記もなされた後は,Aの取消権は消滅する。

→×

Aは取り消せます。趣旨は…制限行為能力者の保護ですね。

少し場面が違いますが…制限行為能力者の取消と登記の問題としては…大判昭10.11.14があります。この判例は…過去問平成10-14-オで既出です。

以上です。
スポンサーサイト
[ 2008/08/04 00:13 ] 山本先生のブログの問題 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。