FC2ブログ

まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

初体験…かなり自慢( ≧∀≦)ノダァーッ!!

こんにちは。

今日は…仕事が休みです。

前回の記事で…最判平11.6.24の判例について…事件が概要がはっきりしなかったので…本屋さんに調べに行ってきました。

やはり…判例で困ったときは…「判例百選」だろう…と思い…近くの書店で探しましたが…見つからず…

伊藤先生の本に載ってるかなぁ…と思いつつ…開いてみると載っていました。



で…今から…ちょっと…いや…


かなり…自慢します!


ブログの記事を書こうと思ったら…「お絵かきエディター」という編集機能を見つけたので…ちょっと使ってみました(笑)

ブログの記事で…絵が描けるなんて…すごくないですか?(笑)

とりあえず…権利関係の絵を描いてみました(自慢)
最判平11.6.24
僕の…下手くそな図ではわかりにくいかもしれないので…言葉で説明すると…こんな感じです。

X1~9と,Y1は,Aの子である。
Y2は,Y1と妻Bの子である。
は自己所有の不動産11個のうち10個を,Y1,Y2,Bに贈与した。
残り1個は,Y1に相続させる旨の遺言をした。
その後,Aが死亡
Xら(X1~9)は,Y1ら(Y1,Y2,B)に対して,遺留分減殺の意思表示。所有権持分の移転登記手続を請求。

以上…最判平11.6.24の判例の概要でした。

で…前回のコメントの内容ですが…

☆続きに行く前に応援クリックよろしくo(^-^o)ご協力をお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ   ブログ村ランキングへ   FC2ブログランキングへ



判例の理由で使われている…

「遺留分減殺の対象としての要件を満たす贈与については、それが減殺請求の何年前にされたものであるかを問わず、減殺の対象となる」

…の部分ですが…

ここは素直に…1030条の後段の「当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたとき」を指していると考えていいように思います。

この部分は…規範定立の部分なので…「遺留分減殺の対象としての要件を満たす贈与」の一つとして…ちょっと付け加えてみただけのような気がします。

前回の記事で書いたように…判例の理由づけの許容性の部分なので…「こんな場合もあるからええやん」…くらいの意味で…

実質的な理由づけは…「遺留分権利者は、取得時効を中断する法的手段がない」…こちらにあるよな気がします。

あくまで…カンですが…このあたりが僕の民法の実力の限界なようで…すみません…。

判例百選にも…載っているようなので…また見つけたら…立ち読みしようと思います。



別冊ジュリスト No.132 (132) 民法 2 伊藤真の判例シリーズ



せっかく本屋に来たので…ついでに…本屋の中を…物色…

見つけました…「新版デュープロセス」



中もパラパラ見ました。

確かに読みやすくなっている感じで…最近の過去問の内容にふれている箇所もありましたが…

とりあえず…保留…(笑)


司法書士デュープロセス 1 新版 (1)

さらに…物色…

「おっ!」…って思う本を発見…Σヽ(゚Д゚○)ノ



これは…スポンジさんのブログで紹介されてた書式集だぁ…と…思って嬉しくなって…写メをパシャ

なかなか…コンパクトにまとまっている感じでしたが…

書式は…東京法経学院の記述対策を信じて…これまた保留…(笑)

東京法経学院の記述対策を信じていいですよね?

でも…そのうちこっそり買いたくなるような…魅力がある本でした…ヾ(´Д`;●) ォィォィ


電車で書式 1 (1) (司法書士試験時間節約・合格本)電車で書式 2 (2) (司法書士試験時間節約・合格本)

以上です(`∀´)ノ彡

☆記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへブログ村ランキングへFC2ブログランキングへ

スポンサーサイト



[ 2008/10/17 15:17 ] 親族・相続の重要判例 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索