まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

憲法の推論問題のド本命…刑法,民法での出題可能性も…?(笑)

こんばんは。

ここ最近の…LECからのメールが尋常じゃありません(笑)

僕のメルマガの登録の仕方に問題があるのか…

毎日パソコンだけでも5~6通…。

携帯にも同じくらい…メールが届いています。

そのほとんどが…キャンペーンとか…アンケートに答えてクーポンゲットとか…

自宅にも…ハガキで1万円割引きの案内が来てました(笑)

地方ネタで申し訳ないですが…LECの天王寺校が閉められるようです。

今日のメールにありましたが…今日から…LECオンライン本校(オンラインショップ)がリニューアルしているそうで…

そのキャンペーンとして…5日から11日までの7日間限定で20%オフになっているみたいです。
こちらから→LECの通信講座&書籍 オンラインで簡単申込

あと…

先日からご案内してた…LECのブレークスルー不動産登記(中)の90%オフも…リニューアルにもかかわらず…続いているようで…
こちらから→ブレークスルーテキスト(新15ヵ月合格講座使用テキスト)

受験生としては…安く買えるなら…大人の事情は関係なし!って感じですかね(笑)

安く手に入るときに…手に入るものは手に入れておきましょう(笑)

では…今日のネタに…

☆続きに行く前に応援クリックo(^-^o)ご協力をお願いします…ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
人気ブログランキングへ   ブログ村ランキングへ   FC2ブログランキングへ




今日も時事ネタになっちゃいますが…やっぱりこのニュースは…確認しときたいですよね。


「改正国籍法成立」



8個目の違憲判決が出てから…半年ですね。

ついに…可決したようです。

この改正案は…未婚の日本人父と外国人母の間に生まれた子が…日本国籍を取得する条件について…「父母の婚姻」をハズすもので…

これによって…

父親の認知だけで子の日本国籍取得が可能になります。

年明けにも施行されるようです。

偽装認知が心配される中での…森英介法務大臣の「性善説に確かに立っている」発言も書きたいことがあったりしますが…とりあえずここはスルー…(笑)

「認知屋」が登場する問題には…1年以下の懲役か20万円以下の罰金とか…いろいろ検討されているようですね。

あと…虚偽の認知届を使って戸籍を届け出ると…何罪でしょうか?

過去問の類題として…昭和56-26-5を載せてみましょう(笑)

(昭和56-26-5)
甲が市役所の住民票係の公務員乙に対して虚偽の申立てをし,情を知らない乙をして,住民票に真実に反する記載をさせた場合には,公正証書原本不実記載罪が成立する。


そもそも…この違憲判決は…国籍法3条に問題が問題となってますが…

国籍法3条ってどんな条文だったんでしょうね?

(準正による国籍の取得)
第3条 父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した子で二十歳未満のもの(日本国民であつた者を除く。)は、認知をした父又は母が子の出生の時に日本国民であつた場合において、その父又は母が現に日本国民であるとき、又はその死亡の時に日本国民であつたときは、法務大臣に届け出ることによつて、日本の国籍を取得することができる。
2 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を取得する。


判例では…未婚の日本人父と…フィリピン人母の間に生まれた子供10人が日本国籍の取得を求めた訴訟において…「婚姻要件を定めた規定は合理的理由のない差別を生じさせた」と判断して…違憲としました。

認知と言えば…刑法だけでなく…民法でも類題が載せれそうですね。

婚姻準正の過去問だろ?

いえいえ…「婚姻関係にない」+「認知」といえば…こちらの過去問です(笑)

平成11-20-オあたりを見てみましょう…。

(平成11-20-オ)
嫡出でない子Aの氏は,父Bに認知されると,母Cの氏から父Bの氏に変更する。


さらに…子が父の名前に変更するには…なんか条件ありましたっけ?

まぁ…こんな感じで…民法でも検討できそうですが…

やっぱ本命は憲法でしょ(笑)

8個目の違憲判決となれば…

本試験に出る可能性もありますよね。

判例はしっかり確認しておきたいです(最大判平20.6.4全文

40ページほどありますが…

補足意見や反対意見もあって…推論問題も作れそうなんですが…どうでしょう?

僕的には…推論問題予想として…単純に…人権なら…「14条の意義」や「検閲」統治なら…「国政調査権」か「憲法改正」…あたりを予想したいところですが…

今年の民法の問題で出た「死後懐胎子」の判例のように…立場わけの問題…

今回なら…合憲,違憲の立場からの分類問題…って形も…考えられそうですね。

あえて…ここはこの判例の推論問題を本命にしたいと思います(笑)

以上ですヾ(≧∇≦*)〃

☆記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへブログ村ランキングへFC2ブログランキングへ


スポンサーサイト
[ 2008/12/06 02:04 ] 司法書士 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。