まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最判昭54.7.10(順相殺と逆相殺)

判例メモです。

いつも…混乱する判例です(汗)

【問題の所在】
転付債権者・第三債務者問の債権債務の相殺適状は債務者・第三債務者間の債権債務の相殺適状より後に生じたが転付債権者の相殺の意思表示が第三債務者の相殺の意思表示より先にされた場合と相殺の優劣


【最判昭54.7.10】
相殺適状は,原則として,相殺の意思表示がされたときに現存することを要するのであるから,いつたん相殺適状が生じていたとしても,相殺の意思表示がされる前に一方の債権が弁済,代物弁済,更改,相殺等の事由によつて消滅していた場合には相殺は許されない(民法五〇八条はその例外規定である。),と解するのが相当である。また,債権が差し押さえられた場合において第三債務者が債務者に対して反対債権を有していたときは,その債権が差押後に取得されたものでない限り,右債権及び被差押債権の弁済期の前後を問わず,両者が相殺適状になりさえすれば,第三債務者は,差押後においても右反対債権を自働債権とし被差押債権を受働債権として相殺することができるわけであるけれども,そのことによつて,第三債務者が右の相殺の意思表示をするまでは,転付債権者が転付命令によつて委付された債権を自働債権とし,第三債務者に対して負担する債務を受働債権として相殺する権能が妨げられるべきいわれはない


→全文
スポンサーサイト
[ 2009/02/21 16:10 ] 条文・判例・先例 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。