まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不動産登記法の重要判例(最判平19年7月5日)

今年…狙われそうな判例らしいです…。

【ポイント】
信用保証協会を債権者とし,被担保債権の範囲を保証委託取引により生ずる債権として設定された根抵当権の被担保債権に,信用保証協会の根抵当債務者に対する保証債権は含まれない

【最判平19年7月5日】全文はこちら

民法398条の2第2項は,根抵当権の担保すべき債権の範囲は債務者との特定の継続的取引契約によって生ずるものその他債務者との一定の種類の取引によって生ずるものに限定して定めなければならない旨規定しており,前記事実関係によれば,本件根抵当権は,同項に基づき,担保すべき債権の範囲を根抵当債務者であるCとの「保証委託取引」によって生ずるものに限定するものであることが明らかである。そして,信用保証協会と根抵当債務者との保証委託取引とは,信用保証協会が根抵当債務者の依頼を受けて同人を主債務者とする債務について保証人となる(保証契約を締結する)こと,それに伴って信用保証協会が根抵当債務者に対して委託を受けた保証人として求償権を取得すること等を主たる内容とする取引を指すものと理解され,根抵当債務者でない者が信用保証協会に対して負担する債務についての根抵当債務者の保証債務は,上記取引とは関係のないものといわなければならない。同項の規定する「一定の種類の取引」は,被担保債権の具体的範囲を画すべき基準として第三者に対する関係においても明確なものであることを要するものであり,「保証委託取引」という表示が,法定された信用保証協会の業務に関するすべての取引を意味するものと解することもできない
以上によれば,被担保債権の範囲を保証委託取引により生ずる債権として設定された根抵当権の被担保債権に,信用保証協会の根抵当債務者に対する保証債権は含まれないと解すべきである。

以上です
スポンサーサイト
[ 2009/03/12 13:26 ] 条文・判例・先例 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。