まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二匹目のドジョウ(3匹目),念力の話

こんばんは。

3時です。明日は…5時起きのつもりが…もうこんな時間に…(汗)

久しぶりの…「二匹目のドジョウ」シリーズです(笑)ドジョウ

でも…その前に…ちょっと…ことわざの勉強(笑)

念力岩を徹す(ねんりきいわをとおす)

英語で書くと…

Faith will move mountains.

意味は…「どんなことでも一心に行えば,成し遂げられないことはない。」ということらしいです。

「faith」は…自信や,確信,信念,信仰,信心,信頼,信用…

ざっくりと言ってしまうと…

心の中で強く思っていることは…現実になる…ってこと…

物事には…表と裏があります。

☆続きに行く前に応援クリック3連発お願いします…ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
人気ブログランキング  にほんブログ村 資格ブログへ  FC2ブログランキング ヾ(≧∇≦*)〃押してね



本試験まで…「あと3か月ある」と思うのと…「もう3か月しかない」と思うのは…当然違います。

心の中で…どのように強く念じるか…

念じ方にも工夫がいりそうです。

「人は思った通りの人間になる」

これは…ジェームス・アレンの“ As A Man Thinketh”…『原因と結果の法則』ですが…

いい意味でも…悪い意味でも…思ったとおりになるのなら…

いつも…プラスの結果を口に出し…いい結果が出せるように…頑張ろうと思います。


ジェームス・アレンの法則


では…今日の本題です(笑)

今日は…3匹目…

「和解に代わる決定(275条の2)」です。

平成15年改正…かなりヤバそうな論点です(笑)

この…和解に代わる決定が何者かといいますと…

実は…375条の「判決による支払の猶予」に関係してきます。

まずは…条文を見てみましょう。

(判決による支払の猶予)
第375条
 裁判所は、請求を認容する判決をする場合において、被告の資力その他の事情を考慮して特に必要があると認めるときは、判決の言渡しの日から3年を超えない範囲内において、認容する請求に係る金銭の支払について、その時期の定め若しくは分割払の定めをし、又はこれと併せて、その時期の定めに従い支払をしたとき、若しくはその分割払の定めによる期限の利益を次項の規定による定めにより失うことなく支払をしたときは訴え提起後の遅延損害金の支払義務を免除する旨の定めをすることができる。
2  前項の分割払の定めをするときは、被告が支払を怠った場合における期限の利益の喪失についての定めをしなければならない。
3  前二項の規定による定めに関する裁判に対しては、不服を申し立てることができない


こんな条文です。平成8年改正です。

趣旨は…

裁判で勝ったとしても…強制執行までしたくない…

それなら…裁判所で分割払いを命じてもらった方がいいかなぁ~
って感じです(笑)

この条文が…結構イケてるようで…これをもっと使いたい!

でも…この条文は少額訴訟の場面の規定なんですよね。

つまり…

60万円以下の金銭の支払いの請求を目的とする場面の話…

こんないい規定は…簡易裁判所でじゃんじゃん使わないと…でも…60万円までか…これだと簡易裁判所で使えないよな…140万円までフォローしてくれないと…

みたいな感じで登場したのが…

和解に代わる決定です(笑)

なので…375条よりも洗練されている感じですね(笑)

ポイントは…もちろん…

375条の少額訴訟の場面でしか使えなかった規定を…

簡易裁判所で使えるように仕上げてきたわけですから…

どのように…イジッてきたのか…その比較ですよね。

本来…判決によるところを…和解に代えて…

さらに…その和解に代わる…「決定」で終わる…という珍しい規定です(笑)

どちらも…原告の完全勝利の場面で…分割払いを命じてもらう部分では同じですが…

60万円から140万円まで広がったことで…その分割払いの年数も広げてますし…

要件も使いやすいように…緩めています。

375条の要件が…「特に必要があると認めるとき」となっているのに対して…

275条の2の要件は…「相当であると認めるとき」って感じでゆるいです。

また…

原告の意見に関しては…

375条は…聴く必要なし

275条の2は…聴く必要あり

さすが洗練された感じで…意見が聴けるようになってます(笑)

ただ…原告に対して…ちんたら分割払いで受け取るように同意を求めても…嫌がるだけなので…同意まで求めてません

そして…不服申立ての可否の部分でも…洗練された感じが出てますね(笑)

では…条文の確認です。

条文の確認ポイントを挙げておきます。

①275条の2の和解に代わる決定の裁判の形式は,判決?決定?

②原告の意見を聴く必要があるか?

③年数は?

④年数の起算点は?

⑤不服・異議の申立ては可能?

⑥和解に代わる決定は,債務名義になる?


こんな感じで…(笑)

では…条文…

(和解に代わる決定)
第275条の2
 金銭の支払の請求を目的とする訴えについては、裁判所は、被告が口頭弁論において原告の主張した事実を争わず、その他何らの防御の方法をも提出しない場合において、被告の資力その他の事情を考慮して相当であると認めるときは、原告の意見を聴いて第三項の期間の経過時から5年を超えない範囲内において、当該請求に係る金銭の支払について、その時期の定め若しくは分割払の定めをし、又はこれと併せて、その時期の定めに従い支払をしたとき、若しくはその分割払の定めによる期限の利益を次項の規定による定めにより失うことなく支払をしたときは訴え提起後の遅延損害金の支払義務を免除する旨の定めをして、当該請求に係る金銭の支払を命ずる決定をすることができる。
2  前項の分割払の定めをするときは、被告が支払を怠った場合における期限の利益の喪失についての定めをしなければならない。
3  第一項の決定に対しては、当事者は、その決定の告知を受けた日から二週間の不変期間内に、その決定をした裁判所に異議を申し立てることができる
4  前項の期間内に異議の申立てがあったときは、第一項の決定は、その効力を失う。
5  第三項の期間内に異議の申立てがないときは、第一項の決定は、裁判上の和解と同一の効力を有する

久しぶりに…ちゃんと記事を書いたぁ~って感じですね(爆)

以上です

2009年合格目標: 9ステージクリア★司法書士合格講座 【インプット一括】
2009年合格目標: 9ステージクリア★司法書士合格講座 【インプット+アウトプット一括】
2009年合格目標: 精撰答練[実力養成編]
2009年合格目標: 精撰答練[ファイナル編](LEC全国公開模擬試験含む)
2009年合格目標: 直前!全国スーパー公開模擬試験【自宅受験】
2009年合格目標: 択一強化パック
スポンサーサイト
[ 2009/03/20 03:46 ] 二匹目のドジョウ | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。