まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

会社法の問題VER10

こんばんは。

山本先生のブログの問題を見ていて…

なんだか,びみょ~な肢が多かったので…条文確認です。

普通に個数問題だったら間違えますね(笑)

「誤っているものを2個」ってあるので…それで助けられる感じです。

「一つは超カンタン。」のコメントがありますが…

☆続きに行く前に応援クリック3連発お願いします…ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
人気ブログランキング  にほんブログ村 資格ブログへ  FC2ブログランキング ヾ(≧∇≦*)〃押してね



その「一つ」は,肢4ですね。

資本金の額は,登記事項。これは問題ありません。

あと…もうひとつは…肢1ですね。

資本準備金の額の減少の無効の訴えはないですよね。

最近…どっかで同じ肢を解いたのですが…どこだろう…

とりあえず,答えが出たので…まぁ~いいかぁ~って感じで…

では,以下,コピペ&根拠条文の確認です。


問 株式会社の計算に関する次の1から5までの各記述のうち,誤っているものを2個選びなさい。(H20-46)

1. 資本準備金の額の減少の手続に瑕疵がある場合,その無効は,会社法が定める会社の組織に関する行為の無効の訴えをもってのみ,主張することができる。


→×

(会社の組織に関する行為の無効の訴え)
第828条  次の各号に掲げる行為の無効は,当該各号に定める期間に,訴えをもってのみ主張することができる。
⑤  株式会社における資本金の額の減少 資本金の額の減少の効力が生じた日から6箇月以内


       
2. 資本準備金は,欠損てん補のためにその額を減少することができる。

→○

(準備金の額の減少)
第448条  株式会社は,準備金の額を減少することができる。この場合においては,株主総会の決議によって,次に掲げる事項を定めなければならない。
①  減少する準備金の額
②  減少する準備金の額の全部又は一部を資本金とするときは,その旨及び資本金とする額
③  準備金の額の減少がその効力を生ずる日



3.剰余金の配当の制限の基準となる分配可能額の算定に当たっては,最終事業年度の末日後の剰余金の変動も含められることがある。

→○

(剰余金の額)
第446条  株式会社の剰余金の額は,第1号から第4号までに掲げる額の合計額から第5号から第7号までに掲げる額の合計額を減じて得た額とする。
1  最終事業年度の末日におけるイ及びロに掲げる額の合計額からハからホまでに掲げる額の合計額を減じて得た額
 イ 資産の額
 ロ 自己株式の帳簿価額の合計額
 ハ 負債の額
 ニ 資本金及び準備金の額の合計額
 ホ ハ及びニに掲げるもののほか,法務省令で定める各勘定科目に計上した額の合計額
2  最終事業年度の末日後に自己株式の処分をした場合における当該自己株式の対価の額から当該自己株式の帳簿価額を控除して得た額
3  最終事業年度の末日後に資本金の額の減少をした場合における当該減少額(次条第1項第2号の額を除く。)
4  最終事業年度の末日後に準備金の額の減少をした場合における当該減少額(第448条第1項第2号の額を除く。)
5  最終事業年度の末日後に第178条第1項の規定により自己株式の消却をした場合における当該自己株式の帳簿価額
6  最終事業年度の末日後に剰余金の配当をした場合における次に掲げる額の合計額
 イ 第454条第1項第1号の配当財産の帳簿価額の総額(同条第4項第1号に規定する金銭分配請求権を行使した株主に割り当てた当該配当財産の帳簿価額を除く。)
 ロ 第454条第4項第1号に規定する金銭分配請求権を行使した株主に交付した金銭の額の合計額
 ハ 第456条に規定する基準未満株式の株主に支払った金銭の額の合計額
7  前2号に掲げるもののほか,法務省令で定める各勘定科目に計上した額の合計額



4.資本金の額は,登記事項ではない。

→×

(株式会社の設立の登記)
第911条  株式会社の設立の登記は,その本店の所在地において,次に掲げる日のいずれか遅い日から2週間以内にしなければならない。

3  第1項の登記においては,次に掲げる事項を登記しなければならない。
⑤  資本金の額



5.設立に際して株主となる者が当該株式会社に対して払込み又は給付をした財産の額のうち資本金として計上しないこととした額は,資本準備金として計上しなければならない。

→○

(資本金の額及び準備金の額)
第445条  株式会社の資本金の額は,この法律に別段の定めがある場合を除き,設立又は株式の発行に際して株主となる者が当該株式会社に対して払込み又は給付をした財産の額とする。
2  前項の払込み又は給付に係る額の2分の1を超えない額は,資本金として計上しないことができる。
3  前項の規定により資本金として計上しないこととした額は,資本準備金として計上しなければならない。
          

以上です

2009年合格目標: 9ステージクリア★司法書士合格講座 【インプット一括】
2009年合格目標: 9ステージクリア★司法書士合格講座 【インプット+アウトプット一括】
2009年合格目標: 精撰答練[実力養成編]
2009年合格目標: 精撰答練[ファイナル編](LEC全国公開模擬試験含む)
2009年合格目標: 直前!全国スーパー公開模擬試験【自宅受験】
2009年合格目標: 択一強化パック
スポンサーサイト
[ 2009/03/28 23:03 ] 山本先生のブログの問題 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。