まらやの司法書士合格ブログ

TAC/Wセミナー(なんば校)で司法書士講座を担当しています。ブログ開設から9年目に突入!受験生時代と変わらず、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成9年判例もろもろ…。

こんにちは。

図書館からの,携帯更新です。なので,短めに(笑)

姫野先生のブログに,「譲渡禁止特約付債権の譲渡に関する最新判例(最判平成21年3月27日)」解説が紹介されています。

記事の最後に,未出の判例として,最判平9.6.5の確認があがっているので,気分転換に,ご紹介V(^0^)


【最判平9.6.5】
譲渡禁止の特約のある指名債権について,譲受人が右特約の存在を知り,又は重大な過失により右特約の存在を知らないでこれを譲り受けた場合でも,その後,債務者が右債権の譲渡について承諾を与えたときは,右債権譲渡は譲渡のときに遡って有効となるが,民法116条の法意に照らし,第三者の権利を害することはできないため,その承諾前に差押えをした第三者に対しては,債権譲渡の効力を主張することができない。


そういえば…

同じ平成9年の判例で,債権譲渡に関して重要な判例が,もう一つありますね。


【最判平9.11.11】
賭博債権が譲渡された場合に,債務者が異議をとどめずに承諾しても,特段の事情のない限り,譲受人に対して賭博契約の公序良俗違反による無効を主張することができる。


で…

僕の苦手ノートには,平成9年の判例として,債権譲渡の論点ではないですが…こんな判例が書き込まれています。


【最判平9.12.18】
単独所有であった物件に担保権が設定された後,弁済までの間に,共同相続により共有となった場合には,弁済のときにおける共有持分権者を,それぞれ1名として数える。


あれ?

あれ,あれ?

この判例,なんだっけ(・・?)

意味が解らない(爆)

家に帰ったら,復習が必要なようです(;^_^A


以上です(`∀´)ノ彡
スポンサーサイト
[ 2009/04/15 18:15 ] 条文・判例・先例 | TB(-) | CM(-)
ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 資格ブログへ←最高1位

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ←最高1位

人気ブログランキングへ←最高2位

   

br_decobanner_20090911011857.gif

   

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

Author:まらや

TAC/Wセミナーで,なんば校で,『上級(総合)本科生』,『20ヵ月(総合)コース』を担当しています。

TAC出版オンライン書籍サイト

テキストが安く買えます!

   

   

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】
学校リンク
最近の記事+コメント
過去問分析ノート 2014年度

試験に出るひながた集

会社法の改正チェックに!

平成27年度版 六法

FC2カウンター
いつもありがとうございます☆
automa system 記述式

短期合格のツボ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。